March 02, 2019

耳鳴りの話です

数日前、2012年に書いた「耳鳴りの話のその後」コメント欄にLilyさんから、6年振りのコメントを頂きました。

彼女(だと思いますが)は、6年間に耳鳴りが発症したそうです。

私は2006年でしたのでもう12年、この耳鳴りとつきあっていることになります。

Lilyさんは、耳鳴りに慣れて来ていたけれどもそこに、低音の耳鳴りが加わって、夜も眠れないくらい辛いというメッセージでした。

本当にお辛いですね。夜、眠れないのは本当に辛いです。気になりだすとますます眠れなくなります。
私もひどく疲れた日などは、いつもより耳鳴りがひどくなり、夜、ふと耳を澄まし始めると気になってなかなか眠れない事があります。でも、、そんな時は、聴力ではなく嗅覚に集中するようにして好きな香りのアロマの匂いをかいたり、呼吸に集中したりと、気持ちをそらす努力をしたり、あと、「置き鍼」という自分で耳のつぼにはれる簡易の鍼をさしたりもします。それとか耳の後ろや、後頭部の首の付け根のあたりのつぼを押したりします。。

こうしてかいている今も、高い音がき〜〜んとずっとしています。

鬱やパニックになる気持ちも分かるのですが、Lilyさんの鬱やパニックの原因が、「耳鳴り」だけなら、耳鳴りのせいで鬱やパニックになるのは残念すぎます。なんとか、耳鳴りに振り回されないようにしましょう。

ぞっとしたり、絶望的な気持ちになったりもするでしょうけど、必ず、きっと、調子が戻る日が来るはずです。
気圧の変化にも耳は敏感になるので、今のような季節は耳鳴り、ひどくなりがちです。

季節が安定してくると良くなるかもしれません。だから、自分を追い込まないように、口角をあげて、笑えるようにしてみましょう。
昼間、ちょっと頑張って走ったり、運動することで、夜、眠れるかもしれないし。
Lyliさんのこと、分からないままかいているので、的外れならごめんなさい。

でも、耳鳴り12年目の私も、なんとか頑張っています。というか耳鳴りとつきあっています。でもでも、、あまり辛かったら、お医者さんに行ってみて下さい。

私は、どちらかというとこういう時には、信頼する東洋医学系のお医者さんや、鍼灸師の先生に相談に行きます。

Lilyさんが信頼出来る方に出会える事を祈っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2019

Forbes Japan Vol.2

2019年、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
昨年より書き始めましたForbes JapanのWEB MAGAZINEですが
2つめの記事が掲載されましたので、良かったらご覧下さいませ!
今回は、岐阜県の海外戦略概要と数年前にスイスのライフスタイルショップで開催した岐阜県フェアの経験を少し書きました。

20190113_164801_220190113_165429


ここをクリックしていただけば、サイトをご覧いただけます。
みなさま、今年も一年、宜しくお願いいたします!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2018

コラム開始のお知らせなど。。。

ご無沙汰しています。
季節は冬。平成も間もなく終わろうとしています。
前の記事が4月ですから。。本当に時の経つのは早いですね。
実際、このところ、Blogを書く事が少なくなってきているのは、別途、facebookをはじめたからです。
でも、本当にまれですが、時々、このBlogを覗きに来て下さる奇特な方がいらっしゃるようで、大変、有り難く思っています。
でも、このBlogの更新はFBのようにしばしば更新できないかと、、思います。
そこで一つ、お知らせです。
つい先日より、Forbes JapanのWeb magazineで短いコラムを書き始めましたので
もしよければご覧下さい。
ここでは「Enjoy the GAP!日本を世界に伝える旅」をテーマに、
ここ10年近くの仕事での経験談などを元に、
たいたい隔週程度更新して行く予定です。
興味のある方はクリックしてご覧下さい!
Img_0934
ではではまた!
みなさま、良いChristmas & 年末年始をお迎えください!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2018

もうすぐミラノで・・・・

30411799_2045836105440724_892293791

もうすぐ始まるミラノサローネの期間に併せ、4月17日~22日、私が親しくしている高山の渋草柳造窯さんの作品展(販売もあります!)をミラノのChie Art Galleryにて開催するためのプロデュースをさせていただきました。

日本の素晴らしいものづくりを紹介するために、試験的に始めたばかりの企画ですが、渋草柳造窯の戸田柳平社長とChie Art Galleryの吉岡知恵社長、そして美術品のロジスティックスと販売に向けた輸出入の業務を一手に引き受けてくれたフランクフルト在住のtiger-internationalの高橋明子社長、この3人(社)+私のコラボです。4人(社)の信頼関係を紡いでのトライアル。
お金のためではなく日本の本物を伝えるために、、そんな思いです。まだまだ勉強することばかり・・・。

この時期、ミラノにいらっしゃって、お時間がある方はぜひ、足を運んで下さいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2018

自然治癒力に感謝です!

 昨日、一ヶ月振りの日赤での診察とMRIの検査があり、なんと、先生も驚きの素晴らしい検査結果でした!!


「どうしてこんなに小さくなったのか!?」「長年、専門医としてさまざまな患者さんを診てきたけれど、最速です!」
「よく頑張りましたね〜!」「しかしどうしてだろう。すごいなぁ」


・・・ということで、筋力が落ちているのでまだ普通にテクテク歩くことはできませんが、ロンドンでの発症以来、3ヶ月と23日目にして先生から、「もう大丈夫。あとは地道に運動をし続けて筋力を戻してね。完治にはあと3ヶ月ぐらいかかるだろうけど、でももう僕の診察は今日で終わりで良いですよ!」と言われました。

先生から「手術、しなくて良かったね」の一言も。。心の中でガッツポーズ!!

 今だからお伝えしますが、私は重症の急性頸椎椎間板ヘルニアでそれはもう大きな飛び出しで神経を圧迫し、突然(本当に一晩で)左足が完全麻痺し動かなくなってしまいました。
(ちなみに相当の痛みでしたが、ブロック注射やロキソニンなどの鎮痛剤は一切使用しませんでした。使ったのは最初にロンドンで処方された赤ちゃんにも投与可能な薬のみ数日間だけ)

 で、専門医の先生からは「すぐに手術できるよ、すべきだよ」と言われたのですが敢えて温存療法を選択し、鍼灸、漢方、アロマ、ホメオパシー、そして足が動くようになってきたら水中歩行や、体幹を鍛える初歩運動(yoga)など、要するに東洋医学と西洋医学の両方での治療をコツコツと行ってきました。

 途中、途中で精神・肉体的に大変なことも多々ありましたが、こうして専門医の先生も驚きの経過となり、当然個人差はありますが、腰痛やヘルニアには即、手術を選択せずとも、ホメオパシーなども含む、各種、ホリスティックな治療法、中でも鍼灸よる痛みの治癒と、自然治癒力の促進効果が高いということの、1つの実証にもなったのではと思います。もちろん、心持ち、精神力なども重要です。信頼出来る医師に出会うことも。

 鍼灸&漢方でずっとお世話になった野崎先生、本当にありがとうございます!!!!
 ホメオパシーをベストタイミングで送ってくださってたドイツの森さやかさん、マッサージしてくれた嘉代さん、その他、いろいろと的確なアドバイスを頂いたり、家族を含め、手助けをして下さった多くのみなさん、そして(先生曰く)人一倍のスピードで回復に尽力してくれた<私のからだ>の自然治癒力に心から感謝です!

 まだ完治までには時間がかかります。仕事も再開している中ですが、焦らず、無理せず、治したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2018

Creative Cowboy

20180218_95300_4

先日、山形で開催されたUNWTO観光国際会議の様子を、オーストラリアから取材に来てくれたcreative cowboy filmsを主宰しているピーター&アンドレア・ハイランズ夫妻がまずはBlog記事にしてくれました。

お二人とは、5年前にシンガポールで出会った私の大好きな同時通訳者の山田真理さんを通じて知り合いました。

ハイランズ夫妻には、岐阜の美濃和紙も取材して頂きましたが山形も2回目。いつも美しい写真と、知的な文章、すばらしいCreative Cowboy です!!

↓山形の記事はこちら

https://www.creativecowboyfilms.com/blog_posts/yamagata-days-ways-of-being










↓彼等のサイト・ホームはこちら

https://www.creativecowboyfilms.com/








↓岐阜を取材してもらった記事はこちら
https://www.creativecowboyfilms.com/blog_posts/meet-takeshi-san/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2018

観光関係の・・・

2018020909410002 2018020909440000

先日、京都大学で「観光経営入門セミナー」があり、講義してきました。

ここ数年、京大には講義などで一年に幾度も通っていますが、京大に行くバスルートには三十三間堂、清水寺、祇園などがあるのでいつもバスが超満員。
アジア系の若者たちと欧米のFITの方々などで占められており、国内観光客より多い感じです。これでは、地元の方々は大変だろうな〜と想います。

私は今回(まだ脚も完璧ではないので)タクシーを使いましたが、この混雑具合はまさに良い(=悪い)見本で、こうならない持続可能な観光地インフラが必要です。。

あと、先日、事業構想3月号に岐阜県が特集され、その中でインタビューを受けました。
興味がある方はご覧になってくださいませ。ウェブでも一部、閲覧できるようです。
https://www.projectdesign.jp/201803/gifu/004628.php

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2018

国連世界観光会議 In 山形に参加しました!

2018020309550000 2018020209290000 Img_0067 Img_0073 Img_0076

  「国連世界観光会議 In 山形〜雪と文化の世界観光会議」に参加してきました。招致、企画の段階に少々、関わらせていただいたので、その盛況の様子には感慨深いものがありました。
(脚が不自由な私は、本番ではほとんどお役に立てませんでしたが・・)

 約30の国と地域の観光や政府関係者ら約300人が参加し、会場では地元、アル・ケッチァーノの奥田シェフによる山形の伝統食材を中心としたおもてなしの料理なども振る舞われ大好評でしたが、何より私が感銘を受けたのは国連世界観光機関(UNWTO)のタレブ・リファイ前事務局長の「今、世界に蔓延し始めた、寛容と理解の欠如の是正には、旅によって互いの国を訪問し合うことが最適」との言葉。
まさに私が目指す平和産業としての観光・新産業化への大きなエールでした。

みなさま、ご苦労様でした!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2018

雪の日に

今日は雪降る中、岐阜市長選挙に行ってきました。

歩きながらつい、口ずざんでいた「雪やこんこん、、」。

その時、ふと英語で唄うならどう表現するんだろうと、例えば、‘こんこん’や「ずんずん積もる」の‘ずんずん’とかって、結構、難しい…などと想いながら、適当に勝手な英語にして唄ってました(もちろん小声で)。

で、無事選挙を終え自宅に戻り、やっぱり気になって調べてみたら、まず、「こんこん、、」じゃなくて「こんこ」だということに気づきました(今頃!)。「こんこ」の正確な意味・語源は不明で諸説あるそうですが、「来む」(来い = 降れ)と関係がある言葉だそうです!
で、本題、英語で何というかですが、検索したところ、いろいろな英訳がありました!
その一例です。最初の部分だけ書きます。。

Snow is falling. Hailstones are falling.
They fall and fall piling up.
(Yahoo知恵袋より抜粋)
ーー
Snow is falling down-down, hail is falling down-down
Whirling down and whirling down, piling up thick and deep・・
(Katsuei YAMAGISHIさんの英訳を一部抜粋)
ーー
Snow is falling, plop, plop
Ice is falling, drop, drop
Snowing and blowing
When will it ever stop?
(Greg Irwinさんの英訳を一部抜粋) 

などなど。私は3つ目が好きかな〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2018

久しぶりの対談です

20180112_95903

  11月にロンドンで足腰を痛めて以来、岐阜県の仕事以外、ほとんどの仕事と講演などをキャンセルさせていただいてきましたが、2月1日から山形県で開催される「UNWTO雪と文化の世界観光会議」出席に先立ち、庄内で開催される本保UNWTO日本代表の講演会の第2部で、本保先生(私にとっては大変御世話になっている先生なのです!)と対談させていただきます。

冬の庄内・・寒いけど綺麗です。
久しぶりの人前に出るお仕事・・・。
それまでにリハビリ頑張っておきます!とは言うものの、今年はとにかくスローペースで。ゆっくりじっくり、心と身体の声にしっかり耳を傾けて行きたいと想っています

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«時が育むもの