Main | »

July 20, 2004

はじめまして、始めました。

 今日、はじめてこのdiaryコーナーを開設しました。
 これからは、本体HPで、なかなか更新できなかった日々の言葉について、できるだけ毎日、何かの足跡を残していきたいと思います。
 今日は、8/7に開催予定の、大垣の「夏の衣」というファッションコンテストのうち合わせに行ってきました。「夏の衣」というタイトル、私、考えたのですが、なかなか綺麗な言葉でしょ。大垣の商店街のストリートを舞台に、浴衣の反物から、新たなファッションをつくり出すというコンセプトです。
 地元の高校生、専門学校生、そして短大生の人たちが挑戦してくれています。
 私の予想に反して、あまり「和」ではないデザイン画が上がってきていますが、実際の制作の中でどのようになっていくか、楽しみです。今日は、このコンテストでヘアメイクを担当してくださる、名古屋の「アリス」というヘモデル事務所の前田さん、岐阜のファッションショーなどの企画をされている佐藤さんとお会いしました。前田さんとは約20年程前に、互いに携わっていた映画の現場の仕事の話で若干、盛り上がってしまいました。昔話に花が咲くというのは年をとった証拠のようで、いかん、いかんと話はほどぼどにしましたが。
 しかし、私が20代のころ体験した、映画の現場は、本当に大変でした。毎日、睡眠時間は1,2時間。若いから出来たんですねぇ。。。。
 その後、和紙あかりの仕事と、岐阜のあかり灯ウォークのうち合わせで家田紙工さんお会いしました。
 途中で、手漉き和紙職人のほきくんもすこし顔を出しました。
 そうそう、新潟、三条市の知人のところは工場が水浸しになって相当大変そうです。一体、今の自分に何ができるのだろうと真剣に考えました。しかし無力だ。
 東京のデザイナーの塩澤さんとも話したのですが、東京の気温が39.5度、これらは皆、異常気象ですよね。このままでは本当に、危険だと。
 そこで提案です。例えば、人間の体温が38度以上になったら座薬をうって熱を下げるように、日本の社会は、気温が38度以上になったら、一斉に会社を休みにして、みな、避暑地に行くということを義務付けたらどうでしょう。そうすれば、都会のエアコンの消費量はぐ〜〜〜〜〜っと減るはずです。
 そんなこんなを書きながらも、今、エアコンをつけている私、、、、、。やっぱり無力だ。しかし、諦めたらもっと無力だ。とりあえず、エアコンを消して、しばし過ごそう。では、取り急ぎ。また明日。

|

Main | »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



Main | »