« 時のつながり | Main | Aricoのライヴを行います! »

September 29, 2004

The Hours

 昨晩、時間について少しだけ想いを廻らせたことの続き。
 時間といえば、私が昨年観た映画のベスト1は「めぐりあう時間たち」(The Hours)という映画です。2003年のアカデミー賞では、全9部門にノミネートされ、映画の中で、ヴァージニア・ウルフ役を演じたニコール・キッドマンが最優秀主演女優賞を受賞したので、覚えていらっしゃる方も多いかも知れません。
 これは、三つの時代、三人の女性が、それぞれに迎えるある何気ない一日を描いています。何気ない一日でありながら、それは実は、まったくもって何気ない訳がなく、何気ないかのように始まった朝、そして人生が大きく大きく変わる一日。その時間がめぐりあう中で、いつの間にか三人の女性の中に、自分もいることに気づいてゆきます。見終わった時、とにかくはらはら、はらはらと泣けてきました。
 あまりの素晴らしいできばえに(ます2001年のニューヨークで編集者として生きる女性を、メリル・ストリープ、1951年のロサンゼルスで平凡な主婦として生きる女性をジュリアン・ムーア、そして1923年のロンドンで「ダロウェイ夫人」を執筆する作家・ヴァージニア・ウルフを演じたのが、先にも述べたニコール・キッドマンという豪華キャスティング!!)、暫く席を立てなかった程。演出も、台本も、そして映像もすべてが素晴らしく、映画が終わってパンフレットを購入してはじめて、この映画の原作を、私がずっと昔から好きだったマイケル・カニングハムという作家が書いていることを知ったのです。
 私はマイケル・カニングハムの「この世の果ての家」という物語が大好きで、こんな小説がかけたらいいなぁとずっと思っていたのですが、この映画の原作が彼のものだと分かって、俄然、その原作を読みたくなり、手に入れたのが、原書のペーパーバックと、そして翻訳本です。
hours
 もちろん、後ほど、DVDも手に入れました。
 これは、何か自分の人生が、自分のものでないかもしれないと、日々の中で、ほんのちょっとでも感じたことのある人なら、特に女性は共感できる部分がある作品だと思います。
 
 自分に与えられた時間の中で、私たちは本当の自分を生きているのか。

 そんな問いかけを、知らず知らずにしている自分に気づきます。
 もし、機会があったら、ぜひ、ご覧になってください。本当は暗い劇場の広いスクリーンで観て欲しいのだけど、でもたまには、一人、部屋の片隅で、自分だけのためにそんな時間を費やしてもいいのではと思います。そのとき、あなたは新たな時間とともにいる…。

  And here she is,herself,Clarrissa, not Mrs. Dalloway anymore; there is no one now to call her that.  Here she is with another hour before her.
“Come in,Mrs.Brown.”she says. “Everything's ready”

 そしてここに彼女、クラリッサがいる。彼女は最早、ミセス・ダロウエイではない。彼女をそんなふうに呼ぶ人はもういない。ここには、新たな時間を手にした彼女がいるのだ。
 「こちらへどうぞ、ミセス・ブラウン」彼女は言った。「全ての準備は整っています」
     〜The Hours:めぐりあう時間たち より〜
 

|

« 時のつながり | Main | Aricoのライヴを行います! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Hours:

» The Hours ( part 1) [All I need to do now is to learn English]
I've been thinking that I should write s [Read More]

Tracked on January 29, 2005 12:23 PM

« 時のつながり | Main | Aricoのライヴを行います! »