« 1月12日、そして15日 | Main | 私たちは何故、この時代を生きているのか »

January 17, 2005

深夜3時

 今週は、日曜日というのに、仕事がありすぎて、今までなんだかんだとかかってしまった。でも、今、私が仕事を依頼しているg-factoryのkさんは、まだまだ徹夜で仕事をしているのだろう。kさん、ありがとう!お疲れ様です。20代の頃、映画の仕事をしているときは、徹夜も大丈夫だったけど、もう、今はだめです。既に頭がもうろうとしています。。今日は(昨日は)仕事をいっぱいしすぎました。あ〜〜〜〜〜疲れた!しかし、私のような仕事は締め切りに追われると、こういうことになってしまうのです。いったいぜんたい締め切りって、なんだろうね。締め切るわけだよね。。ほんとうに。深夜3時なのに、先ほど、外でを走る人の足音が聞こえました。闇の中は音がいつもより、ずっと増幅します。 もう、眠ります。
 私の夢も、闇から闇へ、小さな光を紡ぎます。それではみなさん、おやすみなさい。

|

« 1月12日、そして15日 | Main | 私たちは何故、この時代を生きているのか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 深夜3時:

« 1月12日、そして15日 | Main | 私たちは何故、この時代を生きているのか »