« 深夜3時 | Main | 路面電車の未来 »

January 18, 2005

私たちは何故、この時代を生きているのか

sea

 私たちは何故、この時代を生きているのか。今日は、頭が少々痛くて、仕事の手を休めてそんなことを考えていた。
 30年前よりも、ずっと地震が頻繁に起きている時代。
 台風が来ると、大雨に街が埋まってしまう時代。
「オレオレ詐欺」や簡単に親が子供を殺したり、子供が親を殺したり、友達同士で殺し合ったりしてしまう時代。
 公金を自分のものだと勘違いして、いばりくさる親父達がいる時代。
 お金なんて持って死ねないのに、お金のために一生を捧げることに価値があると思う時代。
 武器商人がはびこって、ひとり、ひとりの命が尊重されない時代。
 私が子供の頃は、もう少し、ましな時代だったような気がする。
 これは気がするだけかもしれないけど、やはり今より豊かな心があったと、思ってしまう。
 例えば、時代を大きなスパンで見たとしても、近代以降で、本当に豊かな時代って、あったのだろうか。それでも、今よりはマシ、な気がしてしまうのだ。
 確かに日本が今にも難破しそうな時は、長い歴史の中では、何度かあったとは思うけど、なんだか、今は、地球全体が、沈没しそうな気すら感じてしまう。
 自然破壊が進んで、南極の氷が溶けて、珊瑚礁が削られて、津波が押し寄せる。
 本当に、もう目を覚ませよ!って、何度、叫んでみても、そんな小さな声や力は、核爆弾を押す人の力になかなか勝つことができないというもどかしさ。
 節電して、石油、できるだけ使わないようにして、武器商人をぎゃふんといわせてやりたいけど、こんなに便利な世の中になって、今日の青空や月や星を見上げた人はどれくらい居るのだろうかって思うと、絶望的な気持ちにもなる。でも、だって、いや、しかし…。
 私は?私は?私は?そうして、やっと、やっと、本当に、やっと、実感するのだ。
 そうだ、今、私が考えなければならないことは、そして実行しなければならないことは…「何故」ではなく、「如何に」この時代を生きていくのか、なのだってことを。
 

|

« 深夜3時 | Main | 路面電車の未来 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

数年前、フラッグアート展にマスカラを塗る象とちょっと怖い蛙の絵で2度出品させていただいたものです。
と申し上げましても、誰だかさっぱり分かりませんよね。すみません。

またフラッグアート展が気になって、soho JapanのHPを覗いたら、古田さんの日記にたどり着きました。

古田さんの日記は、拝見するたびに、私も考えているけれど上手く表現できないことが、わかりやすく言葉にされていて、何だかホッとします。これからも時々、お邪魔させてください。

去年、あかり灯ウォークに息子と行ってきました。
しみじみ綺麗でした。

Posted by: surebidai | January 21, 2005 10:33 PM

surebidaiさん。メール、ありがとうございます。
メールをいただいてからずいぶん、時間が経ってしまいました。ごめんなさい!前にも書きましたが、この返信は、ウインドウズPCでないとかけないのです。私は普段、マックを使用しているので、、つい、遅くなりました。
あなたのことは、もちろん、覚えていますよ。今でも作品は作っていますか?ぜひ、また、作品、出展してみてください。今年もフラッグはありますし!
作品を作り続けることは、日々の中で、新たな自分に向き合うことでもあると思います。
いろいろ大変なことがあるかと思いますが、自分を表現することをやめないでくださいね。
心が喜ぶことを、してあげてくださいませ。
追伸:お子さん、大きくなったかな??

では~。

Posted by: furuta nahoko | April 03, 2005 06:12 PM

覚えていてくださって、本当に嬉しいです。
ありがとうございます!

今は作品と言えるようなものは作っておりません。
仕事以外の時間は、
玩具や遊具を作ったり、広告の裏に息子がせがむ絵を描いてやったり、外で遊んだり、
もっぱら母としての日々を送っています。
物を作ったり、古いものを修理したりするのはとにかく好きなので、
子供との生活の延長線上で、これからも続けていきたいです。
心が喜ぶので!
フラッグにも、是非また応募させていただきたいです。

路面電車の廃止について。
同感です。
新しいものをつくるよりも、あるものを生かすことは大変かもしれませんが、
あえてそうしてこそ、岐阜ならではの魅力が引き出され、温かい街になると思います。

今回の路面電車の件とは逆に、
最近、岐阜に古いものが素敵に利用されている場所が増えてきたように感じています。
岐阜のこの先が楽しみになってきました。
そのような周辺で、度々、古田さんを(メディアを通じて)お見かけするたびに、
勝手に刺激を受けています。

最近、様々な出来事が起こっていますが、
私も自分には何ができるか考えていきたいです。

Posted by: surebidai | April 09, 2005 11:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私たちは何故、この時代を生きているのか:

« 深夜3時 | Main | 路面電車の未来 »