« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

May 18, 2005

懐かしの牛乳

03
 今日は、岐阜市役所に行って今年の「第3回あかり灯ウォーク」の打合せに行ってきました。昨年までの主体組織だったスローライフ実行委員会がなくなったので、新しい市役所側の受け皿(要するに担当部署)担当者の方々と会うために、今まで実質的にこのイベントの運営を行ってきた市民ボランティアである「ぎふ・あかり灯ウォークの会」のメンバーのIさん(事務局長)、Sさんと三人で会議に参加しました。
 いつも思うのだけど私たちは決して自分たちのエゴだけでなく、ある意味、社会的活動の一環としてこれらの事業を行っているのに、どうして毎度、毎度、担当者が変わる度に、何度も同じ事を説明し、彼らをやる気にさせなければならないのだろう。それでも昨年までの担当者のTさんやHさんは役所のやるべき事を、とても前向きにまさに行政と市民とがイコールパートナーという意識を持って気持ちよく、一生懸命行動してくれたのだけど、今日会った中の一部の方に、あきらかに「面倒くさいなぁ」的オーラを感じでしまった。おいおい役所の仕事って、市民サービスじゃないの?ある意味で社会を作り、暮らしを作るパブリック・サーバントなんでしょ。と云いたくなるところを「せっかく、市民協働でこういうことをするのであれば、みなが楽しそうにやらないと参加者にその楽しさが伝わりませんよ!」という言葉に言い換えた。にこやかに云ったつもりだけど、もしかしたら顔はこわばっていたかも???
 せっかく毎日を生きて、自分に与えられた仕事なら、どうして気持ちよく取り組めないんだろう。まして役所の職員以外の市民ボランティアと組む仕事なんて、互いへの尊重がなければやってられないよって。ちょっと愚痴っぽっくてごめんなさい。でも、実はこの10年ほどそういう感覚と戦ってやってきたんだよね。でも最近、仕事を一緒にする県や市の行政のスタッフは能力のある良い方が多くて、前向きでいいなって思っていたところだったのに、ちょっと今日は珍しく、うううむ、と思った一瞬でした。でも、頑張る!だって、みんな昨年の「あかり灯ウォーク」、あんなに楽しそうだったものね。そして綺麗だったし、岐阜っていいなぁって心底思えたし、子ども達の闇の中のキラキラした笑顔、忘れられないよね。
 話は変わって、今、自宅のお風呂などを工事しているので、この数日、近所のスーパー銭湯に通っています。で、今日、お風呂から出て待合いで、すこしボケッとしていたら、昔の銭湯みたいに、一本百円の牛乳(牛乳瓶に入っているヤツ)を買って、ぐいぐいって飲んでいるおじさんたちを見ました。そうか!まだ、この文化って残っているのね、と嬉しくなった。そう言えば子どもの頃、まれに銭湯に行くと、お風呂から出た後のフルーツ牛乳が楽しみだったなって。フルーツ牛乳はもうなかったけど、低温殺菌牛乳、コーヒー牛乳、そしてヨーグルと書かれた三種類の牛乳がありました。ヨーグルって、ヨーグルト牛乳?だったらなんでそう書いてないのかなぁと思いつつ、その疑問を解くのは今度の楽しみにしようと決めた私でした。私の銭湯通いは、あと数日、続きそうです。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2005

心がまあるくなる花アート展

PICT3199-1 先週の土曜日(5/14)、可児の花フェスタ公園で開催されている「花フェスタ2005」の中の県民協働企画(県民のみなさんがボランティアで企画から運営まで実施する事業のこと)のひとつで、チャレンジャーによる花アート展の審査会が行われた。私は数年前から花フェスタ公園では色々な仕事をさせていただいてきたのだが、今年は「花フェスタ2005」の県民協働事業のコーディネーターを務めていたこともあって、花フェスタ公園に通う回数が自ずと多くなっています。
 今回、私が審査員として参加した、「チャレンジャーによる花アート展」とは,身体に何らかの障害を持った方が、写生にチャレンジするということと、園芸療法の一環として行われたもの。私は基本的に、アート視点ですべての作品を審査させていただいたが、これはお世辞でも何でもなくて、みなさん、とても自由にのびのびと作品に向き合っていて、見ていてとっても楽しかった。
 今回の審査の基準は、「花アート」であること、作者が生き生きとメッセージを発信していること、などだったので、私は私なりの花アート作品を選ばせていただいた。
 上の写真は、県民協働メンバーの奥村さんが送って下さったものだが(奥村さん、ありがとうございます!)、私が自分のお気に入りの作品を手に、この作品のどこが良いのかを他の審査員のメンバーに説明しているワンカットです。
 こうして、自分のお気に入りについての理由をきちんと語ることって、私はとても好きな行為です。だって良いことを沢山、言葉にできるから。良い言葉、良い気持ちを言葉にすると、自分も前向きで、明るい気持ちになるからです。その気持ちは、花を観賞しているときの感覚にも似ています。
 そんなわけで、通常、花フェスタ公園の仕事は、自宅から遠く、苦労も多いのですが、その一方で、そんな気持ちを払拭してくれる程のさまざまな喜びもあるのです。
 みなさんも、花フェスタ公園にぜひ、足を運んで、さまざまな美しさ、明るさを私たちに振りまいてくれる花々にぜひ、触れて見て下さい。
 チャレンジャーによる花アート展も、17日から展示がはじまります。おおらかで、自由闊達な色彩の豊かさを感じる作品の数々、ぜひ、ご覧下さい。花とともにきっと心がまあるくなります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 13, 2005

満月の夜にはAricoの音に包まれて

a4ol2
みなさん、こんにちわ。
三ヶ月に一度の後楽荘、Arico月待ちライヴ、第三回開催のお知らせです。
今月は、満月です。月のパワーを浴びながら、Aricoがどんな演奏を見せてくれるか、とっても楽しみです。五月、皐月、別名、写月、と言います。何が写る月なのか、そんなところも考えて、さまざまな演出を考えてみたいと思います。平日の夜ですが、ぜひともみなさま、お越し下さい〜。(画像をクリックしていただくと詳しいチラシの内容が表示されます)
古田菜穂子
***********
Arico 月待ちピアノ・ライヴ〜
第三回・写月(しゃげつ)・満月の章
at 後楽荘
2005年5月24日(火曜日)

後楽荘を五感で味わう特別な一夜。
写月(五月)、満月の日のしつらえと
後楽荘 特製 五月のお料理、
そして満月に写る夜をテーマにした
Aricoのスペシャルプログラムで皆様をお待ちしております。

<プログラム>
◆ 受 付   午後六時〜
◆ ライヴ   午後六時半〜午後七時半 Arico ピアノ・ライヴ 燈くらにて
◆ 定員40名 
◆ お食事   午後八時〜午後九時半 後楽荘特製・写月の夕餉〜満月の膳
     *お食事は後楽荘内の各お部屋でゆっくりとお過ごし下さい。    
◆余談     午後九時半〜夜半 バー・タイム
*ピアノ・ライヴのあとのひととき、お時間が許される方は、「燈くら」にて、おくつろぎ下さい。小さな出会いのご縁を紡いでいただければと思います。
<会費>
◆ライヴ  四千円(予約制)、  
◆食事付き 一万円(ピアノ・ライヴ、写月の夕餉〜満月の膳、ワンドリンク、消費税込み)、
定員40名 (予約制)
◆余談   三千円(おつまみ、フリードリンク代込み)

主催:後楽荘
プロデュース:古田菜穂子
協力:家田紙工 デザイン:小寺克彦
Arico月待ちピアノ・ライヴは、今後、三ヶ月に一回程度の予定で定期的に後楽荘にて行います。それぞれの月の持つ和風月名からインスピレーションを得たテーマで毎回、新たな後楽荘、そしてArico との出会いをお楽しみ下さい。  


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »