« July 2005 | Main | November 2005 »

August 2005

August 24, 2005

息子は音楽が好き

bycicles 私のi-macは、17歳の息子も時々使用している。彼は、i-bookとwinを自分用に持っているのだけど、最近、photoshopなどで絵を描いている彼にとっては、17incモニター が備わった私のi-macの方が断然!使いやすいのだろう。。。ってな訳で、私のiTunesには、彼の持っているiPodの音楽があふれかえっている。でも、そのお陰で私は自分では決して見つけ出せない、彼らの世代の音楽をリアルタイムで聴くことができる。そしていつも自分がいろんな音楽を聴きまくっていた70年代や80年代、90年代の自分を思い出す。
 息子はものすごい音楽マニアで、とにかく一日中、音楽を聴いている。御飯を食べているときも(私が注意してやめろというまで)、お風呂でも、電車の中でも、勉強をしているときも(多分)、、寝るが寝るまで聴いている。
 彼が聴いている音楽は、いろいろ変わっていくけれど、どうも通常はブレイクする前のインディーズバンドが好きなようで(ブレイクすると興味が薄れるようだ)、iTunesで流れている曲が、いつのまにかメジャーになってテレビなんかで流れてくると、あ!これ、聴いたことあるよ、と思うことが多々ある。

 現在、彼が好きなアーティストはというと、、、Syrup16g、椎名林檎、くるり、burger nuds、100s、L'Arc~en~Ciel、LOVE PSYCHEDELICO、ストレイテナー、SPITZ、ELLEGARDEN、GRAPEVINE、Radiohead、ASIAN KUNG-FU GENERATION、レミオロメン、東京事変 、Stina nordenstam、the postal service、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 、ART-SCHOOL、LUNKHEAD、Mr.Children、Cymbals、Noodles、矢井田瞳、フジファブリック、ACIDMAN、ポルノグラフィティ、Nirvana、NUMBER GIRL、Cocco、judy and mary、the band apart、SING LIKE TALKING、MUSE、Clammbon、BUMP OF CHICKEN、光田康典、SHAKALABBITS、BLANKEY JET CITY、the brilliant green、LOST IN TIME、EGO-WRAPPIN'、the pillows、TRICERATOPS、SOPHIA、Evanescence ・・・なのだそうだ。。。(彼のHPの自己紹介中で、「好きな音楽は?」の答えとして書いてあったものを全部コピー・ペーストしたらこんなにあったんだぁ!)
 ううむ、この中で、私の知っているアーティストもいれば、勿論ぜんぜん知らないアーティストもいる。。
 でもパソコンから流れている音楽を聴いていると、息子と母という関係である私たちの間にも、なんというか共通項があったりして面白い。要するに彼の好きな音楽の中に、すべてではないけど、やっぱりいいなぁ〜〜と思う曲が何曲もある。詩が面白いなぁと思ったり、メロディがいいなぁとか、ヴォーカルの声がいいなぁとか。心がきりきりしたり、冷たい氷を頬張っているようななんとも言えない感触に打たれる気持ちとか。
 私は、仕事中は集中してしまうと音楽、聴かないでも良いタイプなんだけど、やっぱりサウンドは私自身を刺激してくれるし、私の中の何かをぐわっと広げてくれる。イメージの連鎖反応が起こり始めて心地よくなって、いろいろなことをしたくなる。特に車や列車の中で聴く音楽が好き。風景に流れていくサウンドの中にいる自分ってとっても心地よい。

 ふと高校一年生の夏休みに、ひるがの高原にチューリップを見に行ったこと、思い出した。
 あの日のドキドキ感。夜の風。団体バスの並んでる影・・。そして森の中、空間を共有する響き。
 一緒にいった通称「みわちゅう」、三輪さんは今、どうしているのかな〜?
 ちなみに、現在のBGMは、クラムボンの「ホムンクルス」、そして「ふたり」に移行しつつあります。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 21, 2005

あかり灯ウォーク、無事終わりました!

 夕方、途中、一回だけの雨に見舞われましたが、開始時間にはすっかりあがって、無事、終えることができました。
 そして見事に、ちょうどいい時間に、丁度いい大きさの満月が顔を出してくれましたね。
 その前には、夜空の入道雲の向こうに信じられないくらい蒼い空が広がっていました。夜空の中の青。そのコントラストの美しさと言ったら無かったね。
 そしてみんなが灯してくれた提灯あかり。
 本当に素敵でした。みんな、ひとりひとり、誰が欠けてもできなかった
 今日の長良川の景色。
 屋台を盛り上げてくれたぷらざとJC のみなさん。
 ちょうちんの準備を一生懸命してくれた家田さんをはじめとした家田紙工のみなさん。
 学生さんたちを集めてくれたまちネットのみなさん。
 沢山のスタッフを集めて仕切ってくださった16銀行のみなさん。
 そして本当に夏の忙しい中、大事にイベントに寄り添って下さった岐阜市役所観光コンベンション室のみなさんと、ボランティアをして下さった原さん、鶴見さん。
 三年前から、ずっとつきあってくださっている加納さんや小寺さんなど、あかり灯ウォークの会のみなさん。
 あかり灯のチェックなどをしてくださった一般公募の市民ボランティアのみなさん。
 ワークショップを手伝ってくださったみなさん。
 中村委員長、四橋プロデューサー、そして今日の会場を盛り上げて素敵な音景色を作ってくださった片岡夫妻や坂野さんをはじめとした音楽家のみなさん。
 花火を打ち上げてくださったみなさん。
 地元、長良川河畔の鵜飼屋住民のみなさん。
 もろもろ手伝ってくれた我が息子。
 東京から来て下さった羽良多さんファミリー。 
 水うちわプロジェクトのみなさん。
 協賛してくださった企業のみなさんと後楽荘さん。
 そして、今日のお祭りに参加して下さったみなさん!
 まだまだ書ききれない、ほんとうに多くの方々のお陰で今日のイベントを楽しく、無事、終えることができました。
 そして、私たちを無言でずっと見守って、育んでくれている岐阜という地場と、今日の空や空気や風や雨粒や、川や山や月や炎などのすべての自然。
 ほんとうにありがとう。嬉しかったな〜。まずは感謝です。ありがとう!
 今、大粒の雨が降っています。それすら喜びです。
 

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 20, 2005

今日はあかり灯ウォーク!

nagara3  昨晩から今朝にかけて、時折スコールのように降り出す雨をじっと見つめながら、「雨よ、止んで!」と祈り続けてきました。
 で、、、つい先ほど(午前10時頃)も、長良川をチェックに行ってきましたが、有り難いことに心配していた水位もクリアし、水の色も予想していた程、濁っていなくて、天気もまだ若干不安定ながらも青空が見えてきました。嬉しくて、今朝の川の写真を撮りました〜!
nagara2nagara1
 というわけで・・・「あかり灯ウォーク」、GO!することになりました。(水うちわ舟も出ることになりました。良かったね!!)
 先日の薪能も、直前まで晴れていたのにもかかわらず雷雨に見舞われてしまったし(本当に残念でした)、、まだまだ油断は禁物ですが、とにかく臨機応変に対応できるよう謙虚な気持ちで対応するのみですね。
 でも、スタッフのみなさん(って、この日誌を読む時間的余裕がある人はいるのだろうか・・)、水位はいつもより上がっていますから、くれぐれも気を付けてくださいね。
 とにかく今日一日が、無事、事故などのないよう、そして一人でも多くの人が楽しんでイベントに参加していただけるよう、頑張りたいと思います。
 100人以上の市民ボランティアスタッフに支えられている「あかり灯ウォーク」、どうかこのまま天気が崩れることのないよう、そして、明日には、「無事、終わりましたよ!」という日記を書くことができるよう、、本当に祈るばかりです。
 それでは、行ってきま〜す!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2005

あかり灯ウオーク、開催します!

akari-chirashi  あっという間に夏も中盤、蝉の声の変化に時の素早い流れを感じ、日本の四季が加速度的に変容しているような気がするのは私だけでしょうか? 
 ところで今年も、ひとりひとりが「あかり」となる「第3回・長良川・あかり祭り〜あかり灯ウォーク」が開催されます。
 これは私が長年温めてきた企画で、三年前より、多くの人々の協力により始まった、岐阜の夏の終わりを彩るオリジナルイベントです。
 長良川一体をライトダウンし、人々には蝋燭提灯(会場付近の「あかりだまり」で、提灯の貸出を行います)を手に持っていただき、まさに“ひとりひとりが灯りとなって”長良川をそぞろ歩いていただく、、というシンプルな市民による手作りのお祭りとして定着しはじめてきました。

 暗いあかりの中で見る、鵜飼の幽玄さ、火を手にするわくわく感。
 懐かしの蝋燭提灯屋台でいろんな遊びを行ったり、不思議な道行きライヴなど、ゆったりとした中にもさまざまな密かな発見をしていただけるような、楽しみもあります。

 お時間、ある方は、ぜひ、浴衣でふらりとお立ち寄り下さい。
 お昼の時間は川原町界隈で、提灯制作や、絵付けの実演などもご覧頂けます。
 夕方には、行灯&蜜蝋燭の制作のワークショップもあります。my行灯でウォークにご参加いただくのも楽しいです!
 お子様も気楽にご参加くださいませ〜!

 浴衣でイベントに参加の方はなんと、夕方5時から9時半までのバス乗車が全線無料になります!
 
 今年の夏の送り火、あかり灯ウォークが、みなさんの心に小さな何かを灯してくれることを願っています。
++++
● 日時:2005年8月20日(土)雨天順延(21日へ)
    昼の部:午後1時30分〜 夜の部:午後6時30分〜午後9時
● 主催:岐阜市長良川あかり祭実行委員会
● 共催:ぎふ・あかり灯ウォークの会
● 協力:岐阜青年会議所、月刊ぷらざ、十六銀行、学生まちネット、
     岐阜スローライフ・フォーラム実行委員会、住井富次郎商店、
     秋田屋本店、家田紙工他
● 会場:右岸プロムナードを中心とした長良川河畔一帯、岐阜公園、川原町界隈

<昼の部>
◆川原町界隈を歩いて風情を楽しむ
 〜体験水うちわ船と、提灯制作、絵付けのデモンストレーション 

<夜の部>
◆市民ひとりひとりが、「灯り」となって彩る川景色、街景色
◆蝋燭灯りと提灯で川原一帯を演出する「あかりの川景色」の創出
◆昔なつかしの提灯屋台
◆道行きライヴ       など

<その他>
◆ 鵜飼広場:オリジナル行灯&蜜ろうそくづくりのワークショップ
◆ 篝火に誓った恋〜岐阜市から繋がる川端文学(主催:岐阜市立図書館)
◆ 岐阜公園イルミネーション協賛企画:ミチビカリの実施

<サービスなどについて>
●手持ちあかりは貸し出しいたします。
● 浴衣でイベントに参加の方は、夕方5時から9時半までのバス乗車が全線無料になり
ます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 09, 2005

今日は誕生日!

 なんと誕生日! そして今日は長崎原爆記念日です。
 思えば物心ついた日から、自分の誕生日&同じような時刻に長崎で多くの方々が亡くなったということを、ずっと意識して生きているような気がします。
 しかし私はどれくらい、ずっと感じ続けている自分の役目のようなものへの想いを実践し続けているのだろうか。。
 現代社会には、昨日の郵政民営化に関する国会の様子を見ていても、本当に多くのエゴが渦巻いている。経済にすがって生きている主なる男性社会というのは、そんなふうに利権や経済やプライドやエゴのために騙したり、騙されたりが、どうしてこんなにも好きなんだろう?なぁんていうと「好きでやっているんじゃないよ、男はつらいよ!」ってみんな言うのかなぁ。。
 好きでないのなら、やめればいいのにね。
 なにはともあれ自分のバースディ、まずは産んでくれた親に感謝!だね。
 自分の年齢の数字に対して「嘘でしょ!」って、だんだん信じられないようになってきたけど(ううむ・・)、日々、延々とつながっていく自分という線を、ときどき過去からたぐり寄せて、こんがらないようにしないと、と思います。
 そして目の前の線への見通しも少しは立てていかないとね。
 そうそう、、一昨日、一昨々日と、続けて本を3冊、購入しました。
 まず一冊目がNHK出版の「チャングム大辞典」、そして私の好きな生命科学者の柳澤桂子さんの「われわれはなぜ死ぬのか」、三冊目が中沢新一さんの「アース・ダイバー」!!
 全部、もう読んでしまった。あまりに面白くて〜。
 お陰で寝不足だけど、誕生日の私にはもしかしてピッタリの本だったような。。「チャングム・・」は少々?かもしれないけど、こういうものを何故、自分が好きなのかが、良くわかったんだ。そんな、あまりに当たり前で忘れがちの「自分の好き」や、その理由を見いだせるのって、再びの自己認識という感じで、結構・嬉しい。
 中沢新一さんの著は、大部分読んでいるのですが、私が最も好きな「純粋な自然の贈与」以来、久しぶりに興奮した本です。私もアース・ダイバーになりたい。。。すべてお勧めです!(まあ、チャングムはこのドラマがお好きな方にしかお勧めしませんけど)
 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | November 2005 »