« 今日はあかり灯ウォーク! | Main | 息子は音楽が好き »

August 21, 2005

あかり灯ウォーク、無事終わりました!

 夕方、途中、一回だけの雨に見舞われましたが、開始時間にはすっかりあがって、無事、終えることができました。
 そして見事に、ちょうどいい時間に、丁度いい大きさの満月が顔を出してくれましたね。
 その前には、夜空の入道雲の向こうに信じられないくらい蒼い空が広がっていました。夜空の中の青。そのコントラストの美しさと言ったら無かったね。
 そしてみんなが灯してくれた提灯あかり。
 本当に素敵でした。みんな、ひとりひとり、誰が欠けてもできなかった
 今日の長良川の景色。
 屋台を盛り上げてくれたぷらざとJC のみなさん。
 ちょうちんの準備を一生懸命してくれた家田さんをはじめとした家田紙工のみなさん。
 学生さんたちを集めてくれたまちネットのみなさん。
 沢山のスタッフを集めて仕切ってくださった16銀行のみなさん。
 そして本当に夏の忙しい中、大事にイベントに寄り添って下さった岐阜市役所観光コンベンション室のみなさんと、ボランティアをして下さった原さん、鶴見さん。
 三年前から、ずっとつきあってくださっている加納さんや小寺さんなど、あかり灯ウォークの会のみなさん。
 あかり灯のチェックなどをしてくださった一般公募の市民ボランティアのみなさん。
 ワークショップを手伝ってくださったみなさん。
 中村委員長、四橋プロデューサー、そして今日の会場を盛り上げて素敵な音景色を作ってくださった片岡夫妻や坂野さんをはじめとした音楽家のみなさん。
 花火を打ち上げてくださったみなさん。
 地元、長良川河畔の鵜飼屋住民のみなさん。
 もろもろ手伝ってくれた我が息子。
 東京から来て下さった羽良多さんファミリー。 
 水うちわプロジェクトのみなさん。
 協賛してくださった企業のみなさんと後楽荘さん。
 そして、今日のお祭りに参加して下さったみなさん!
 まだまだ書ききれない、ほんとうに多くの方々のお陰で今日のイベントを楽しく、無事、終えることができました。
 そして、私たちを無言でずっと見守って、育んでくれている岐阜という地場と、今日の空や空気や風や雨粒や、川や山や月や炎などのすべての自然。
 ほんとうにありがとう。嬉しかったな〜。まずは感謝です。ありがとう!
 今、大粒の雨が降っています。それすら喜びです。
 

|

« 今日はあかり灯ウォーク! | Main | 息子は音楽が好き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

本当につかの間のお祭日和でしたね。このところ岐阜は雨が多くて当日も時折天気が崩れたり、、「あかり灯ウォーク」開催中のみ丁度良い空模様でした。打ち上げが終了した後にも雨が降り出して、翌日の今朝は昨日のお祭の風景が幻に感じる程に長良川は増水しています。何か「神様がいるような」気配を感じます。川の神、山の神、紙の神に炎の神、それぞれの神が協力して昨晩の景色を演出してくれたように感じる、、、午後8時頃の長良川の風景は鵜飼の幽玄さとあいまって、とても美しいものでした。誰かこの時の画像をお持ちならアップして欲しいなぁ~。あの時の情景を思わず人に伝えたくなります。古田さん大変おつかれさまでした。多くの感動を味わうことが出来て感謝しています。

Posted by: pon | August 21, 2005 12:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あかり灯ウォーク、無事終わりました!:

» 会いたい人 [籠原潤一の「ありがとう」]
水うちわ船、あかり灯ウォークを通して、以前からお会いしたかった方に出会いました。 古田菜穂子さん。 名前は伺っていたし、パネリストでお話されている姿をお見かけしたり、岐阜市のスローライフつながりでG-netとも繋がっていたから、身近には感じていたけど、改めて「この人なんだ」という感じ。 喋ると、とても人あたりが良くて、「ブログ読んだよー」って。 「えっ!まじですか!ありがとうございます」って思わず。いやー、会えるもんなんですね。 他にも家田紙工の家田学さん、ヨツハシ印刷の四橋社長など、普段、銀... [Read More]

Tracked on August 23, 2005 12:06 AM

« 今日はあかり灯ウォーク! | Main | 息子は音楽が好き »