« エリザベスタウンは、すぐ、そこに | Main | 雪の日に »

December 09, 2005

ミラクルハーバルオイルのお話

05-12-09_14-5005-12-09_14-54 先日、ネット通販でちょっと嬉しい買い物をした。それはヴェレダ(WELEDA)のハーバルオイルセット(限定版)の購入。
 ヴェレダといえば、1922年、哲学者ルドルフ・シュタイナー(日本ではシュタイナー教育で知られていますね)と医師たちによってスイスで誕生した、トータルヘルスケアの自然はブランド。大地と植物と宇宙の力を全身で感じることで、人が持つ心と身体と精神のバランスを取り戻すことを目的とした自然療法にもとづく医薬品づくりが始まりだったとか。
 ヴェレダのパンフレットには、「人間と自然、それは良きパートナーのように互いにバランスをとりながら調和しあうもの」という言葉がある。それは、大地や植物や宇宙のあふれるような生命力を人に注ぎ込み、バランスのとれた暮らしをしよう、というメッセージ。
 シュタイナーの提唱した思想体系は人智学(アントロポゾフィー)と呼ばれ、哲学、医学、農業、教育、文学、芸術、自然科学などをホリスティックにオーガニックに取り入れた実践思想として、今日にもさまざまな分野の人々に受け継がれています。このヴェレダ社は、先にも述べたようにシュタイナーのアントロポゾフィー医学に基づいて、自然薬を製造する会社として設立されました。
 私がシュタイナーの考え方に出会ったのは、今から20年以上前のこと。たまたま雑誌の取材でシュタイナー研究者の子安美知子先生にお目にかかることになり、そこで先生の著作を読んだのが始まりです。その時は人智学というよりも「シュタイナー教育」の取材でしたが、勿論、シュタイナー学校への興味も膨らみましたが、人智学者としてのシュタイナーにとっても興味を持ったのを覚えています。
 でも、その頃はヴェレダ社のことや、アントロポゾフィー医学や、それを実践しているクリニックなどの存在までは情報をゲットできず、ホリスティック医学という言葉もまだ一般的でない時代で、そこにめぐりあうのにはもう少し年月を必要としました。
 その後、ホリスティック医学に出会ったのは90年ぐらいでしょうか。父の具合が悪くなり、明らかにストレスなどからの病だと思っていた私は、もっと総合的な治療、それも西洋医学だけでなく東洋医学なども加味した精神と身体を一緒に考えられる医学を求めていた時です。しかしまだ日本では、情報も少なく、当時は海外に行くと、そんな雑誌や本を買ってきて、一生懸命読んだりしていたものです。でもそれらの情報は一歩間違うとオカルトなどの怪しい系(?)にも混同されやすくて、私はスピリチュアルなことは信じている方ですが、それらにはまりこむニューエイジおたくにはなりたくなかったので、そのあたりの社会化や、別の言葉で言えば、お洒落系になることを自分なりに願い、勤めてきたつもりです。
 そのうちヒーリングという言葉や癒し、リリース…などさまざまな言葉がやっと日本でも使われるようになってきて、2005年の現在は、当たり前のようにスパやマッサージ、アロマなどの癒し系は、怪しい系でなくなって市民権を得てきたのです。
 今は、私自身も暮らしをより良く生きるために、尊敬しかつ大切な友人でもある心理占星学者の真弓香さんが考案した、365日、星からのメッセージが記入されている「アストロ・アジェンダ・ダイアリー」などの企画制作、販売なども行うようにもなりました(2006年版も好評発売中です!ぜひ、みなさんご購入くださいませ!お洒落でかつ実用的なカレンダー&手帳ですよ!http://www.iedashikou.com/astro.html にレッツ・アクセス!)。真弓香さんや、アストロロジーと私の出会いについてはまたいつか詳しく書きたいと思っていますが、そんなふうに時代の流れのなかで、私がめぐりあってきたさまざまな物や事象がだんだん社会化され、一般化し、より本物が流布してくるのは嬉しいものです。
 ヴェレダのグッズも日本で簡単に手にはいるようになって本当に嬉しい。しかも今回、購入したハーバルオイルミニセットは、各10mlのミニボトル(アルニカ・シトラス・ラバンド=ラヴェンダー、ヒッポファン・ワイルドローズの5本セット)のお試しセットのような感じですが、いやいや中身はとっても充実、しかもなんと1890円というお求め安さ。ボックスも美しいし、ちょっとしたプレゼントにもピッタリです。今、オイルの香りに包まれて、ささやかな、でも満ち足りた気持ちを味わうことができました。こんなふうに心と身体を満たしてくれる瞬間を味わえることは、生きる喜びだと思うんです。 
 チョッピリ話を戻して、今回、どうしてこのキッドを購入しようと思ったかというと、実は、今年の初めから、岐阜市でもう20年以上、シュタイナー教育を実践している「わかくさ幼稚園」の加納美智子先生の本を出版する仕事を行うようになったから。
 それこそ20数年前に出会ったシュタイナーに今、ふたたび出会い、その実践者である加納先生の本をまとめることになったというのも、いろいろな縁を感じます。この幼稚園では毎日、子ども達に「キンダーオイルの時間」と題して、ヴェルダのカレンドラ・ベビーオイルを手につけてあげるのです。子ども達は先生の優しい歌声に合わせて、両手のひらにつけてもらった小さなオイルのしずくを、手に重ねたり、すりすりさせながら、自然なハーブの香りの中で、やさしい気持ちに浸ります。これもシュタイナー教育の一環なのですが、こういった行為の中で植物のエキスが肌を守り、心もリラックスさせてくれるという素敵な時間です。取材の中でその時間を共有した時、あ、私もやりたい!って心の底から思いました。そういえば、最近、そんな時間を持っていないな。そうだ、息子にもやってあげたい!(きっと照れくさいって言うだろうけど、でもやってしまおう!)そんな気持ちになって、家に戻るなり、パソコンでヴェレダ社を検索し、即座に購入したという次第です。そんなことをしている時って、なんだかとってもうきうきするよね。小さなことなのに、魂が喜んでいるような!
 さてさて、無事、届いた商品。さっそく息子の掌にポトリとオイルのひとしずくを落としてみました。意外にも17歳の息子はそんなに嫌がることなく、手をこすり合わせておりました。ううむ、これもハーバルパワーのたまもの?植物の力は、ささやかな、ウィンクみたいなミラクルを起こしてくれるのかもしれません。ちなみに私が購入したのは「ネーチャーズウェイ オンラインショップ」というサイトです。とっても親切だったので、宣伝してあげちゃいます〜。では!

 

|

« エリザベスタウンは、すぐ、そこに | Main | 雪の日に »

心と体」カテゴリの記事

Comments

福岡からの帰りの電車の中で、暇をももてあまして久々にHPをチェックしました。素敵な買い物をしましたね。オイルの良さが文面から伝わってきますね。文中に出てくるアストロ・カレンダー、ダイアリーは九州の知人もHPで見ていてくれて今度注文してくれると言って下さいましたよ。

Posted by: pon | December 10, 2005 08:04 PM

ponさん、メールをありがとうございました。オイルはとっても気に入っています。アストロ・アジェンダ・カレンダー&ダイアリー、自分で言うのも何ですが、なかなか評判はいいと思います。ponさんもぜひ、みなさんにもっと、もっと(?)ご紹介くださいませ。

Posted by: nf | December 12, 2005 05:26 PM

古田さんの日記を読んで、
私もついハーバルミニオイルセットを買っちゃいました。
だって、かわいいパッケージだったんだもん…

Posted by: ナオミ・ダンベル | December 14, 2005 01:48 PM

ナオミ・ダンベルさま〜。返信ありがとう!でしょ、でしょ、私もとっても気に入っています。ヴェレダの物はとってもいいですよ!ちなみに私は、あのオイルセットと、オーデコロンも購入しました。こちらも気に入っています。今度、東京に行ったらサロンも行ってきたいと思います〜。

Posted by: nf | December 14, 2005 10:32 PM

古田さん、はじめまして。
私も菜穂子といいます。多岐にわたりご活躍の古田さんに肖れるような気持ちになり、一人勝手に喜んでいます。
息子さんとの数々のエピソードもじーんとしてしまいます。ヴェルダのオイル、私も家族の掌に『ポトリ』してみたいです。
個人的にはアストロロジーとの出会いのエピソードがアップされるのを楽しみにしています。毎日寒いですね。お身体ご自愛くださいますよう。

Posted by: 菜穂子 | January 06, 2006 01:32 PM

菜穂子さん、メッセージありがとうございました。
本当に、同じ名前なんですね!なんだか不思議な気持ちがします。菜穂子さんが時々、いろいろな気持ちを抱えてこのブログを読んで下さっているかと思うと、何故だか胸がキュンと切なくなります。。ううむ、どうしてだろ。近いうちにアストロロジーとの出会いのエピソードを書きますね。以前、少しだけ書いたことがあります。私のHP本体の過去の日記を読んでいただくと、ちょっと分かりますよ〜。でもでも、また書きますね!またメッセージ、お待ちしています。2006年が菜穂子さんにとっての良き年になりますように。お祈りしています。

Posted by: nf | January 08, 2006 11:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミラクルハーバルオイルのお話:

« エリザベスタウンは、すぐ、そこに | Main | 雪の日に »