« itohen、訪問記 | Main | こよみのよぶねによばれてゆれる »

July 27, 2006

流火月 Aricoライヴのお知らせ

 やっと夏らしくなってきましたね。しかし、暑いね〜。岐阜は35度を超えたそうです。
 ところで、、最近私は熱中症予防も兼ねて、お塩に凝っています。毎日、チベットの天日熟成岩塩(赤塩)をちびちび食べては高賀神水をぐびぐび飲んで体力を保持しています。
 このお塩、温泉卵の匂い(硫黄の匂い)と味がして、とっても美味しいのです。毒出し効果もあるそうですが、本当にパワーが出るから不思議です。
 ところで、暑い夏に、ほっとする音楽を。
 恒例、後楽荘でのArico
(http://www.soho-japan.co.jp/arico/index.html)
のピアノライヴのお知らせです。
060730_chiashi_big
 今回は「ときあかり」をテーマに開催します。
 また、家田紙工さんの美濃手漉き和紙灯りを後楽荘さんの各部屋に置かせていただき、注文販売などにも対応できるようにしました。

 今回のみ、後楽荘の見学のみ参加も、無料でオッケーとしましたのでお時間、ある方は、ふらりと後楽荘の暖簾の向こうを覗いてみてはいかがでしょうか?
 由緒あるお茶室や有名なお庭も見学できます。(その場合は、受け付けでその旨をお申し出ください)

 ピアノライヴは、昼と夜の二部制ですが、現在、夜の部は、満席に近い状態になっています。
 昼の部(食事なしライヴのみ)は、まだお席に余裕がありますのでよろしければお友達などお誘いの上、七月は流火月とも呼ぶそうですが、流れる炎の如く、揺れるAricoのサウンドに酔いしれてくださいませ。

 会場でお会い出来るのを楽しみにしています。
 以下、ライヴのご案内をさせていただきます。

+++++++++++++++
Arico 月待ちピアノ・ライヴ
第五回 流火月〜ときあかりの章 at 後楽荘  
●日時:7/30(日)
●会場:後楽荘
※駐車場はございませんので、公共機関をご利用下さい。
 後楽荘を味わう特別な一夜。流火月(七月)は、ときあかりをテーマとしたしつらえと 、 後楽荘特製、七月のお料理、Aricoの新作アルバム「ときあかり」を中心としたスペシャルプログラムで皆様をお待ちしています。
★ Aricoの新作アルバム「ときあかり」(サイン付)の販売や、家田紙工特製、美濃手漉き和紙の灯りなどの販売
も行います!
<プログラム>
●受 付:昼の部 午後3時〜、夜の部 午後6時〜
●ライヴ:昼の部 午後3時半〜午後4時半 燈くらにて
    夜の部 午後6時半〜午後7時半 燈くらにて
●定 員:各40名
●お食事:午後8時〜午後9時半  後楽荘特製 流火月の夕餉〜ときあかり御膳    
   ※お食事は後楽荘内、各指定のお部屋にて
●余 談:午後9時半〜夜半  バータイム 燈くらにて      
      ※夜半から自由に参加いただけるバータイムです。
 お時間が許される方は「燈くら」にておくつろぎください 。
      小さな出会いのご縁を紡いでいただければと思います。
<会費>
●昼の部:ライヴのみ:4,000円(消費税込み、予約制)
●夜の部:食事付き:10,000円(ピアノライヴ、食事、ワンドリンク、消費税込み、予約制)
●余 談:3,000円(おつまみ、フリードリンク、消費税込)
●主 催:後楽荘
●プロデュース:古田菜穂子
●協 力:家田紙工、キューブクリエイション
●デザイン:小寺克彦

|

« itohen、訪問記 | Main | こよみのよぶねによばれてゆれる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 流火月 Aricoライヴのお知らせ:

« itohen、訪問記 | Main | こよみのよぶねによばれてゆれる »