« 雪のない冬に | Main | 十六夜、行き道、帰り道。 »

February 19, 2007

高感度、高周波、こだわりのカタチ

 先週一週間、東京で「ギフトショー」という見本市に、和紙の仕事の関係で参加した。
 一応、「ギフトショーって何?」という方のために簡単に説明だけしておくと、全国からさまざまなものづくりをしている企業、メーカー、ショップなどが一同に会して新商品を大々的にアピールし、それをバイヤーなどが全国から買い付けや商談に来るというもの。
 毎年、国際展示場(ビックサイト:先日行われた東京マラソンのゴール地です)に何万人もの人が集まるのだけど、毎回、思うのが、「みんな、必死に生きているんだ!」ということ。
 新しい商品、自分たちが一生懸命開発した商品をなんとか売ろう、世の中に出したい、認めてほしい、、そんな思いが満ち満ちた会場はすごい熱気。
 そして膨大な商品群の中から、自分がほんとうに欲しい!と思う物に出会おうと必死のバイヤーの姿も真剣そのもの。
 そんな真剣な人の姿を見るといつも素直に嬉しくなる。
 ここには、一夜で億単位で動くようなお金の動きはそうそう存在しないけど、確実に、「モノとモノ」、「モノと人」、そして「人と人」とのつながりが存在する。
 その実感が、多分私を幸せにするのだと思う。
 モノや人、という目に見えるものの後ろには、実は、目に見えない「信頼」や「情熱」や「愛情」がある。
 もちろん、いろんな人がいるから、騙しの人やモノもあるかもしれない。だけど、身銭を切って出展している出展者の大部分は、真剣だ。
 
質の差はあっても、そこには「こころ」がある。

 ネットや、株や証券とか、見えないマネーゲームは人を数字化する。1円なんていうお金の単位をつい、忘れてしまう。でも、ものづくりは、数字だけじゃない。結果としての表象としての数字があとから付加しているのだ。

私は、私が信じるオーガニックでサステナブルなものや人やコトづくりを、丁寧にしていきたい。きっとそこには、チャーミングな「かたち」が生まれるはずだと、相変わらず、何があっても私は思う。

ところで、、、相変わらず耳鳴りは治まりません。
でも、先日、古くからの友人のカメラマンS氏と会った時、「今、聴こえている音は、自分にしか聴こえてない特別な音だと思えば楽しいでしょ」と言われて、ほんとうにそうだなって、思った。

 私だけに聴こえる音。
 その音は、かなり不快ではあるけれど、お陰で、今までよりずっと「耳を澄ます」という行為に敏感になってきた。
 そして聴こえるいくつかの会話。

 電車のとなりで話す、老夫婦の会話。
 目の前の若者の会話。
 カップルの会話。
 親子の会話。

 そのうち、密かな蟲たちの声も聴こえるようになるかもしれない。

 ほとんど普通の人には聴こえない高周波の音も、音楽だと思えば、我慢できそう。

 これをS氏は、「高周波系ミュージック」として売り出したらカッコいいよと提案してくれた。
 普通の人には聴こえないのに、耳鳴り系の人だけには聴こえる音楽。

まるで現代アートじゃん、って思わず大声で笑ってしまった。
そんな時、私の耳奥で鳴り続ける音も彼方へ消える。

高周波系ミュージックの持つポエジーは、今まで私が思いもしなかったひとつの世界。
やっぱり生きているってことは、捨てたもんじゃない。
 

|

« 雪のない冬に | Main | 十六夜、行き道、帰り道。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高感度、高周波、こだわりのカタチ:

« 雪のない冬に | Main | 十六夜、行き道、帰り道。 »