« こよみのよぶねによばれてゆれる | Main | 雪のない冬に »

February 04, 2007

わおん、和音、和温。

  私のブログを読んでくださっているみなさん、久しぶりです。
 2007年、はじめてのメッセージです。
 大変遅くなりましたが、どうか本年も宜しく御願いします。

 今年は、1月5日に、突然、ひどい中耳炎になってしまい、約一ヶ月の静養を強いられました。
 病院に行く以外、外にも出られず、ひたすら家の中にこもっていました。
 大人になってからかかる中耳炎はなかなか治らない、、とは聞いていましたが、本当に辛かったです。
 まず、ものすごい激痛で始まり、その後はずっと水中で暮らしているような日々でした。そのうち、耳鳴りもはじまって、なかなか集中出来ない日々。
 これは体が悲鳴を上げているんだなと理解して、ひたすら仕事をキャンセルし、家の中で、おとなしくしていました。お陰で、何冊か、本を読む事が出来たり、自分自身のこれからについて、真剣に考える時間を持つ事ができました。(とはいってもね、最初の二週間は、とにかく辛くて、じっくり休む,,という気分ではなかったのですが)

 そして三週間目になって、水中感覚は収まったものの、耳鳴りが止まらず。。。そのうち、風邪をひいてしまってさらに悪化。。。
 ということで、最早、二月。ですがやっとこうしてパソコンに向かえる元気は出てきました。みなさん、ご心配をおかけしました。
 実は、今も左耳奥では、「キ〜〜〜〜ン」という高音が鳴り響いているのですが。随分、この状態にも慣れてきました。しかし、世の中に「耳鳴り」で苦しんでいる人がいかに多いか!命に関わることじゃないからって、軽視されているみたいだけど、私もやっと彼らの苦しみを心底、理解できる人になりました。

 ところで、今年の私は、本気で暮らしぶりを見直そうと決心しました。このままでは、きっと後悔するということだけは分かっているのです。
 今まで約20年以上、自分の居場所にこだわって生きてきました。たくさんのことをゼロから起こしてきました。
 ある意味、我ながら、頑張ったな、と思います。本当に、お金のためじゃなく、ずっと「想い」を第一に頑張ってきてしまった。
 そんな私が、この1年ほど、いろいろなことごとのなか、自分をちっとも大事にできなかった。ある人からは仕事の事などに対する私の考え方を「理解できない」と厳しく批判されたり、そういう経験って、今まではなかったんですね。 こういうことに気づいたのは、ある意味で、収穫でもあるのですが、 でも、たとえその理由が私にあったとしても、私は、やっぱりそういう体験をこれ以上は、したくない。

 人生は苦しい事も多いけど、やっぱり笑顔でいたいし、本当に感謝、感謝の気持ちに溢れた光ある人生を選択したい。

だからこそ、ちゃんと前向きに、本当の私、いつも笑っていられる私でいられるように、私らしい暮らしを自分でつくらなくちゃと本気で思う。

 私の耳は、一旦、半分、まったく聴こえなくなった。それは、何かを捨てよと、言われた気がした。
 もう一度、本当の自分に戻って、私らしくいようよ、って。無言で伝えた。

 2007年、怒りや戦いのエネルギーはもういらない。
 他者と自分の違いを認めて、調和のある、温かい瞬間、瞬間を積み重ねたい。
今、いろんな音が、いろんな色彩で、私の中で、聴こえるのです。
 私はその和音をやさしく、奏でたい、響かせたい、そして届けたい。
 今年も宜しく。

 

|

« こよみのよぶねによばれてゆれる | Main | 雪のない冬に »

「心と体」カテゴリの記事

Comments

久しぶりに書き込みさせて頂きます。
大変な状況にあったようですね。昨年の自分の状況と重なり
「笑顔でいたい」
という気持ちがよくわかります。
「何かを捨てること」でスリムになって、何かを拾えるのではないかと思います。

Posted by: yuko | February 10, 2007 08:38 PM

yukoさん、コメントありがとうございます。

「何かを捨てる事」、その勇気を持つ事ですよね。

昔、知人が言ってました。
クローゼットの中身がぱんぱんになったと思ってきたら、
思い切ってすっきり整理することで
新しい服を購入することもできるし、以前、着ていた服の中から
ほんとうに自分の好きな服を再確認することもできるって。

今年はそんな年になりそうです。

Posted by: nf | February 19, 2007 05:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference わおん、和音、和温。:

« こよみのよぶねによばれてゆれる | Main | 雪のない冬に »