« エッセイを書きました | Main | “ラジオぬちかたいん”に登場しました! »

March 27, 2007

トーキョー・ウシゴメ→ミッドタウン

 一昨日、東京ミッドタウンの内覧会に行って来た。
 というのも一昨年和紙の仕事でとってもお世話になった広尾のSMPさんが、GALLERIA・3Fの一角に「STYLE MEETS PEOPLE」というショップをオープンし、その関係で内覧会にご招待してくださったから。
 大江戸線六本木駅の真上に東京ミッドタウンはあった。

 その日はお昼に、早稲田の家から20分程歩いて、弁天町にある雑穀レストラン「つぶつぶカフェ/いるふぁ店」に行き、ヒエ、アワ、キビなど、雑穀と呼ばれる小さな穀物たちで出来たエネルギーいっぱいのこだわりの自然食ランチ(これを未来食と呼ぶ人もいる)を食べ、ハーブティを飲み終えると、地下鉄大江戸線牛込柳町駅から六本木駅に向かった。
 20070327_013619
 つぶつぶカフェには、20年ほど前から東京にいる時は、必ず一度はお昼ご飯を食べに行っている。
 20年程前は今よりも随分小さなショップで、その頃は、もちろんオーガニックとか ロハスなんて言葉も一般的でない頃で、雑穀メニューもまだまだ試行錯誤だった記憶がある。今ではかなり著名な食デザイナーとしてカリスマ的存在になった代表の大谷ゆみこさんを時々、お店でお見かけした。それが大谷さんの強い信念と、行動力、そして何より、雑穀(つぶつぶたち)の美味しさ、本物のパワーで、次第に大きな動きになってこの20年の間にショップは大きくなり、場所も江戸川橋から今の弁天町に移動した。

 私は気に入ったお店には、何度も足を運ぶ。そのうちにお店の人と仲良くなったりするのだが、いくつかのお店では、わざと仲良くなろうとはせず、ずっと「見知らぬお客さん」の立場を取り続けることもある。
 それがこの「つぶつぶカフェ(以前はFUという名前だった)」と、そして目白台にあるレストラン「ドルフィン」だ。
 20年も通っているのに、何故、あえて「見知らぬお客さん」の立場を取り続けているかというと、それがそのお店で一番心地よいスタンスだから。
 そしてお店のオーナーもそんな私の気持ちを知ってか知らずか、いつもさりげなく私を「見知らぬお客さん」として真っ白な椅子に迎えてくれる。

 話が脱線してしまったが、「つぶつぶカフェ」の食事は本当に美味しい。薄味で、素材の旨味が生きていて、そのパワー(特に雑穀や根菜類の持つエネルギーのようなもの)が、体に入ると何か気が巡り始めるような感じになる。「食って、エネルギー」という当たり前のことに気づかされる。

  さて、そんな状態で、向かった東京ミッドタウン。
 大江戸線はループにはなっていないので、都庁前で逆方向の列車に乗り換えなければならない。実際、私は乗り換えを間違えて15分程時間をロスしてしまった。
 「本日の招待者は四万人」
 どこかで誰かの声がした。そうか〜、四万人なんだ。
 確かに人は多い。相当多い。でも、建物が分散しているせいか、そんなギュウギュウな感じはしない。これは名古屋駅前のミッドランドスクエアとは大違いだ。
 建物に入る。色のトーンは、最近流行りのナチュラルテイスト。キャメルカラーのイメージは、ミッドランドスクエアとほとんど同じ。
 
 全体の印象。落ち着いた雰囲気。ショップも出しゃばった感じがない。つん、とすましている感じもない。和風モダンがとっても分かりやすい。ショップの展開も分かりやすい。逆言えば、越境がない。
 SMPさんのショップでは、香りをテーマにアロマキャンドルがギフトとしてもよく売れていた。こちらも落ち着いた大人のNYテイスト。

 そこで、ふと数時間前にいた、つぶつぶカフェのインテリアや雑穀ランチに思いを馳せる。
 つぶつぶカフェの建物は珪藻土に檜などの天然木。雑穀ランチはノーミルク、ノーシュガー。
 東京ミッドタウンのGARDENエリアには、芝生広場や銀杏、桜、楠の杜、そして美術館。ウッドデッキを歩くと都心とは思えない静けさだ。
 でも。
 私は思う。小さな小さなカフェから世界に向けて発信しているものと、大きな大きなプロジェクトが発信しているもの。その違い、相対性。
 大江戸線が結ぶもの。
 「牛込柳町」→「六本木」、「六本木」→「牛込柳町」。「大江戸線」。「東京ミッドタウン」。「つぶつぶ」「雑穀」「ピースフード」。
 4万人の人々が見て、感じて、交換したもの。
 足跡。言葉。想い。そして「呼吸」。
 
 この街の本当の真価は10年後、20年後に分かってくるのだと思う。
 そこで発信されるものは、トーキョーの今?
 小さな雑穀カフェと、大きなミッドタウン。どちらが冒険しているのだろう。どっちに緑が根付くのだろう。
そして平成の時代の大江戸線は、過去と未来を行き来しながら、平等に「ひと」を運ぶ。
 20070327_013144_1
  ショップを後にして、建物の外に出ると、ぐるりと東京ミッドタウン周りを歩いてみた。 
 雨上がりの曇り空の下、どこともいえない横顔は、思ったよりもチャーミングだった。
 

|

« エッセイを書きました | Main | “ラジオぬちかたいん”に登場しました! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44514/14421807

Listed below are links to weblogs that reference トーキョー・ウシゴメ→ミッドタウン:

» 東京ミッドタウン 行列のお店いっぱい★東京ミッドタウン 芝生でくつろげます [生活 悩み★生活 問題 ちゃんねる 回せば 楽天 生活]
東京ミッドタウン この桜(サクラ)の最高の時期にいよいよオープンしましたね!東京ミッドタウンは、花見にも最高ですね!子供と上野動物園もいいですが、東京ミッドタウンは疲れたら芝生で休めます。東京ミッドタウンという名称が素敵ですね!東京ミッドタウンは...... [Read More]

Tracked on March 31, 2007 at 03:32 PM

« エッセイを書きました | Main | “ラジオぬちかたいん”に登場しました! »