« フラッグアートが賞を頂きました! | Main | できることでなく、したいこと。 »

March 10, 2007

金の糸、たぐり寄せ

 今日、とある仕事の関係で、押井守監督からいろいろなお話を伺う機会をいただいた。
 押井さんは、最近、空手を始めたそうだ。
 身体、、というものへの関心、自分の肉体を改造することへの関心(可能性)が生まれてきたから。人間というサイボーグ、サイボーグという人間。。。ううむ。
 その他にも、たくさん、興味深い話が聞けた。
 
 私が過去、押井さんの作品を見ていて、その思考の奥底に流れる一見不確かだけど確かな存在のようなもの、それが何なのかを知りたいと思っていた。

 実は、それは金の糸みたいなもので(納豆の金の糸ではない、あしからず)、それがどんな種のものか、っていう
<存在の在処>に、
ほんの少しだろうけど、今日、触れることができたような気がした。

 その金の糸は、細くて、なかなかつかめないのだけれど
表現者という道を選んだ私にとっては、その在処を信じられる事が嬉しかった。
 映画というメディアが大好きだからこそ、それは確実に、自分の勇気や元気につながるのだ。

 詳しい話は、また後日。
 というか、明日(じゃなくてもう今日ですね)、未来会館で押井監督のトークショーと「イノセンス」の上映がありますから、そこでぜひ、生の話しを聞いてください。

 あなたにとっての金の糸が見つかるかもしれないよ。だから
時間のある人は、ぜひ、未来会館へ、GO!

追伸:押井さんは、こんにゃくと赤貝(だったと思う)が、苦手だそうです。なぜなら、歯ごたえがくにゃくにゃしたものだからだそう、う〜む、やっぱり(?)

|

« フラッグアートが賞を頂きました! | Main | できることでなく、したいこと。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金の糸、たぐり寄せ:

« フラッグアートが賞を頂きました! | Main | できることでなく、したいこと。 »