« できることでなく、したいこと。 | Main | エッセイを書きました »

March 12, 2007

なごり雪

 只今、深夜0時34分。
 ゆ、雪が降っているよ〜。

この冬はもう、雪は見られないのかと思っていたのに、、。
もう3月12日ですよ、もうすぐ春だというのにね。

ううむ、いったいどうなっているのだろう?

雪を見ると、大学時代、毎年、冬の北海道に
冬期割引と学割で購入した、う〜んと安い北海道周遊券で旅していた頃を思い出す。

どこまでも、どこまでも、
列車に乗って北の果てに向かって行った。
知床の岬では、一面の雪景色の中、
ひたすら歩いた。
いったい何時間歩いたのだろう。地元のおじいちゃんに貰った
ポケットの中の氷砂糖が心の支えみたいな気がしてた。

サロマ湖の真ん前にあったユースで、
サロマ湖を歩いて渡って流氷までいくというツアー(というか、ユースに泊まっているみんなで一緒に行くというだけだけど)があった。
凍ったサロマ湖を歩くと、頬が雪焼けでひび割れた。
流氷は、巨大な氷の塊の連なりだった。これをずっと、ずっとつたって行くとロシアに行くのかと思うと気が遠くなりつつも、なんだかわくわくした(でも本当は行ける訳ないんだけど)。
だれかが、流氷ロックを飲んでいた。
安いウィスキーが、妙に似合っていた。

ふと、ドイツのK子さんを思い出す。
一昨年、冬のフランクフルトで出会った彼女の横顔には、どこか遠い彼方を見つめているような切なさと温かさが同居していた。
笑顔のチャーミングな彼女にまた会いたいなぁと心から思った。
「元気ですか?」

そうか、今晩みたいな雪を、なごり雪って呼ぶのかもしれないね。

|

« できることでなく、したいこと。 | Main | エッセイを書きました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なごり雪:

« できることでなく、したいこと。 | Main | エッセイを書きました »