« トーキョー・ウシゴメ→ミッドタウン | Main | 映画「ブラッド・ダイヤモンド」〜何を得たいか、何のために? »

April 14, 2007

“ラジオぬちかたいん”に登場しました!

 またまた久しぶりです。
 Spring has come.
 桜も散ったね〜。
 実は、私の卒論(私は社会学部出身で、社会学士なんです。次ねらうは社会学修士?)は、『桜日本人論〜日本人は本当に桜が好きなのか?』なのです。
 この卒論、20数年前に書いたのですが、なかなか良い視点だったと思いませんか?
 なぁんて、実際、数年経って振り返ってみてこそ分かる事って、あるんだよね〜。
 今まで、有り難いことにいろいろな場所でいろいろな人からインタビューを受けてきたのだけど、粗忽な私はそういった資料をまとめておくことをちゃんとしてこなかったのです。本当はこういうものもきちんとファイリングしておけば、その頃自分が何を考え、何を目指していたのかなどいろいろ分かって良かったなと思います。

 が、今回、ソーホージャパンの大城社長(こちらも私の20年来の友人であり、仕事仲間であり、喧嘩友達?)が、日本イベント大賞を受賞したフラッグアート展について私をインタビューしてくれたものを、“ラジオぬちかたいん”という音声配信番組としてまとめてくれました。
 こんなファイリング&発信方法があるって、本当にこれはネットの良さだね〜。ありがとう!大城&ソーホーのスタッフのみなさん!!

Nuchikatain_tittle_2

 “ラジオぬちかたいん”については、ここに詳しく書いてありますが、ぬちかいたん、とは、沖縄の言葉で「命を語る」という意味だそうです。不定期に大城社長の友人、知人や、仕事仲間などに彼がインタビューした、まさに「命の言葉を語りあう」ラジオ番組のような形になっています。

  思い起こせば、もう10年以上前に、大城(私と大城社長は、昔から“古田”“大城”と呼び合っているので、このまま呼び捨てて失礼します。。)は、名古屋のCBCラジオでパーソナリティをしていたこともあり、その頃、私もゲストとして呼んでもらったこともあったよね。
 ラジオというメディアは、今、インターネットやテレビに押されているけど、私は好きなメディアです。声だけ、音声だけだからこそ、伝わる『何か』って確かにある、と思うんだ。

 ということで、もしよかったら、私が登場している“ラジオぬちかたいん”、聞いてみてください。もちろん、私以外にも、私の親友でもあるミュージシャン、Aricoの対談や、仕事の先輩(?)、甲賀さん、ソーホーが強力にプロモートしているパントマイムユニット「が〜まるちょば」などのインタビューもありますので、ぜひぜひクリック!

|

« トーキョー・ウシゴメ→ミッドタウン | Main | 映画「ブラッド・ダイヤモンド」〜何を得たいか、何のために? »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference “ラジオぬちかたいん”に登場しました!:

« トーキョー・ウシゴメ→ミッドタウン | Main | 映画「ブラッド・ダイヤモンド」〜何を得たいか、何のために? »