« ほんものを作る仕事 | Main | キャンドルナイト2007! »

May 27, 2007

心のリレーがこだまする。

日曜の夜が流れて行く。

さてさて、
気持ちを切り替えて、
明日からの仕事に励もう。

常に前向きにって、思っているのに
情けない私は、時々、落ち込んでしまうけど、
人間だから、仕方ない。

でも、期待はずれはいわば、「自分の責任」。

だから、もう一度、気持ちを切り替えて
自分が輝く仕事に向かおう。

Hs1


高校時代から愛用しているぼろぼろの英語の辞書。
どんなに使い込んでも、まだまだ知らない単語があるように
世界はやっぱり広いのだ。


私の愛すべき友人達も、世界中で頑張っている。
今日、沈んだ夕日を、これから見送る友人達。

彼女達の見えない心のリレーがこだまして、
明日も頑張ろうって、思えるんだ。

くよくよなんて、してられないね。

やること、いっぱい、あるんだから。

彼女達の笑顔は、何百、何千カラットのダイヤモンドよりもPreciousな
私の宝物。

感謝。感謝。感謝。
みんなが、いてくれること。
みんなが、頑張っていること。
それだけで、私も頑張れる。

本当にありがとう。
世界中の 私の大切な友人(Precious Girl friends)たちへ。

|

« ほんものを作る仕事 | Main | キャンドルナイト2007! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。中耳炎発症と同時に耳鳴りがとまらなくなり、ネットで検索していてこちらにたどり着きました。もう1か月がたちます。よろしければどんな症状だったのか教えていただけますか?現在耳管狭窄もあり通気にかよっています。耳鳴りはキーンとする高音がとまりません。へんな質問ですみません。分からなくてとても困り、悩んでいます。

Posted by: こう | May 30, 2007 at 04:44 PM

「こう」さんへ

中耳炎発生とともに、耳鳴り、しかも高音、、というのは同じパターンです。私の場合は、1月に発生し、もう5ヶ月近くつきあっていることになります。はやく、大学病院などの専門医にかかることをお勧めします。今はどのような症状ですか?通気は、私の場合は、やりすぎることで、耳鳴りに影響しはじめたので途中でやめました。薬は何を飲んでいらっしゃいますか?あと、鍼治療も比較的効果がありますが、良いところを選ぶ必要があります。私の場合は、一週間の中で、耳鳴りが落ち着いている日が2日ほど、あるかな?というところですが、最近は、薬(漢方薬など)と、鍼と、マッサージが効いているのか、すこしづつ、音が小さくなっているような気もします。いずれにしても気長な治療が必要ですが、「こう」さんは、発症して一ヶ月ですよね。ある意味、今が勝負時です。思い切って、大きなお医者さんに行ってください。私は、一ヶ月以上すでに経っていたので「もう少し早く来てほしかった」と大学病院の先生には言われましたよ。

Posted by: nf | May 30, 2007 at 06:59 PM

早速ご回答ありがとうございます。今は耳の閉塞感があるときとないときを繰り返しており、閉塞感のある日は耳鳴りは強く、朝起きた時など、閉塞感を感じないときなどは耳鳴りを感じないときもあります。発生当初、内耳の病気も疑って耳鳴りが始まって5日目からステロイド10日間飲み、末梢神経をよくする薬とビタミン剤を飲んでいました。が中耳炎を患っていたころよりも耳鳴りは小さくなった気はしますが、まだまだ気にならないほどの大きさにはなっていません。通気をすると少し改善しますが、耳鳴りはあります。中耳炎から耳鳴りが残るということは内耳に問題があるからなんでしょうか?私もそろそろひとつの病院だけでなく本格的に治療しなくてはいけないのかも、、、と思い始めていました。最終的によくなってくるものなのでしょうか?

Posted by: こう | May 30, 2007 at 09:57 PM

「こう」さんへ

耳鳴り、本当に苦しいですよね。私も、とっても、とっても辛かったのでその気持ち、よく分かります。人は「命にかかわる病気じゃないから」とかって軽く見がちだけど、頭に近いから頭痛もするし、集中できないし、精神的にも憂鬱になりますよね。「こう」さんは、耳鳴りが先にあってから中耳炎になったのですか?耳の閉塞感は、長時間、続きますか?中耳炎から耳鳴りが残るのは、ある意味「後遺症」だそうですが、内耳というより、中耳のずっと奥近辺の水分代謝に問題があるというのが、東洋医学的な見解としてはあるようです。が、いずれもちゃんとした検査をする必要があると思います。難聴はないですか?もし、今、かかっていらっしゃる耳鼻科で、ちゃんとした検査をしていないのでしたら、絶対、大きな病院に行かれる事を勧めます。場合によってはMRIなんかもとってくれます。私は検査、しましたよ。私の場合はもう、4ヶ月で、ここまで来ると長期戦にならざるを得ないです。症状は、アップダウンを繰り返しているものの、最初にくらべて良くなっては来ている気がします(なんといっても測定できるものではないので)。「こう」さん!とにかく一ヶ月、というのは、ギリギリのラインだと思います。私のように長期化しないためにも、ネットなどで地元で評判のじっくり見てもらえる大きな病院に行ってください。早期であればあるほど、なおる確率はあがるそうですから!

Posted by: nf | May 30, 2007 at 10:19 PM

ありがとうございます。外見上なんら変わりなく、病状のつらさを分かってもらえない悲しみ、恐怖、不安と毎日戦っておりました。涙が出る思いでメールを読ませていただきました。耳の閉塞感は一日おきにやってきます。今朝はクリアだったのですが夕方からつまりがひどくなり、今はしっかり閉塞してしまっています。聴力は検査の結果戻ってきていました。が、閉塞感のあるときはやっぱり聞き取りにくいです。私の場合、中耳炎になったのと同時に耳鳴りがしていました。夜は眠れないので安定剤をのんでいます。本当にいろいろありがとうございます。早めに専門医にかかりたいと思います。またメールさせてください。

Posted by: こう | May 30, 2007 at 10:37 PM

「こう」さんへ

私の場合、閉塞感は、中耳炎になってから約一ヶ月は続いたかな。実は、「耳鳴り日記」をつけているので分かります。でも、「こう」さんのようになったり,治ったりではなかったですね。とにかく1日でも早く、専門医にかかってください!!あと、安定剤を飲み過ぎると良くないので、できれば、眠る前に深い呼吸をして瞑想するとか、ちょっと工夫をすると良いとも思います。耳鳴りは、ストレスで増幅します。辛い事もストレスなんですけど、「こう」さんは肩こりがひどくないですか?背中の三角筋や首が凝っていると耳鳴りになりやすいそうですし(だからマッサージも有効です)、痛い耳の後ろや、耳の中央の飢点と呼ばれるこりってしているところを、軽く、でも何度も、何度もマッサージすると良いようですよ(これは鍼の先生に教えていただいた)。「こう」さん、近いうちに耳鳴りについて、まとめて日記としてアップしておきますね〜。とにかく、必ず症状は改善しますから、悩みすぎず、ストレスをためないようにしてくださいね!

Posted by: nf | May 31, 2007 at 12:00 AM

こんばんは。本当にいろいろありがとうございます。耳鳴りの日記、楽しみにしています。今も私の左耳はシャーっという音のなかに混じり、キーンと響いています。これと付き合っていくのかも、、と思うと情けなくなってきますができる限りのことはしてみたいとおもいました。またメールします。

Posted by: こう | May 31, 2007 at 08:37 PM

27年のご無沙汰です。

懐かしい 辞書を見てたまらずコメント入れ

ちゃいました!(バーボンにあとおしされて)

先輩のご活躍とてもうれしく思います 、今では一ファンみたいな感じで複雑です。

ちょっとドキドキするのはワタシだけでしょうか?

Posted by: bario | June 01, 2007 at 01:33 AM

barioくん〜

久しぶりですね!コメントありがとう。
え!本当に27年も経ったのですか?
元気ですかぁ。今、どうしてるの?
なんとなつかしい。「つばめグリル」覚えてる?
また、個人メールに連絡しますねぇ。

Posted by: nf | June 06, 2007 at 12:51 AM

中耳炎もう大丈夫ですか?
お大事にして下さい。

ごめんなさい「つばめグリル」思い出せない!!!・・・。
”ドテコン”なら覚えていますョ!!

Posted by: bario | June 06, 2007 at 07:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44514/15224227

Listed below are links to weblogs that reference 心のリレーがこだまする。:

« ほんものを作る仕事 | Main | キャンドルナイト2007! »