« (愛じゃなくって)耳鳴りが止まらない。 | Main | NYギフトショー便り(1) »

July 16, 2007

透明な文章

Hand_top_05

仕事よさらば。 日常からTAKE OFF!

って、なかなか元気の出る言葉だと思いませんか?
実はこれ、先日取材を受けた、(株)エストゥエスが運営しているWEBサイトの標語なんですよね。


「仕事よ、さらば!」か〜。一度、言ってみたいよね。でも、私の場合、日常も非日常も仕事の延長みたいになっていて、、、これって、やっぱりまずいかな?


ところで、話しを戻して、、、取材とは、 【5.1AIR】というWEBサイト内にある5.1AIR MAGAZINEの中で、家田紙工の「水うちわ」を是非、紹介したいとのことで、たまたま私が仕事で東京に滞在していた時に行ったものです。


このサイトは、“5感”すべてが、ちょっと喜ぶような何かを伝えていきたいという願いがコンセプトで、ちなみに、「水うちわ」の記事が掲載されている“一点こだわり主義”は、五感でいうところの「触感」を伝えるカテゴリーに属しているそうです。


みなさん、ぜひ、読んでみてください。水うちわの涼しい風に触れたような爽やかな感触を味わうことができると思います。


取材は、東京の私の仕事場の近くにあるカフェで、エストゥエスのKさん、ライターのTさんと私の三人で行いました。
Kさんも、Tさんも、とっても元気で、チャーミングな女性でした。


私よりず〜っと年下の彼女たちでしたが、話していると、取材を受けている私の方が彼女たちから元気を沢山いただきました。
さまざまな会話の中で、和紙についてや、水うちわや日本文化について…、そして何より、ひとりの女性として常に前向きに生きて行くということについて、いろいろな感情を自然に分かち合うことができたのはとても嬉しい時間でした。
多分これは、取材の入り口が「水うちわ」という、ナチュラルでオーガニックなモノだったからかもしれないなと思います。


今、何故、水うちわがこんなに人の心をとらえるのか。。。


勿論、一部の人は「儲け」の手段として捉えているのかもしれないけれど、でも、それを支えているのは彼女たちのような、「本気」で、「良いもの」や「美しいもの」を「知りたい」、「伝えたい」、「使いたい」と願う存在があるからだと私は思う。


モノから生まれるさまざまな物語…。


向きあう人同士が、心を開き、ナチュラルに何かを伝え合いたいと願う時、きっとそこには小さな天使が沢山沢山舞い降りてきて、いろんな物語を降り下ろしてくれるのかもしれません。
本当に沢山の物語が、そのテーブルの上に舞い降りて来ていました。


 Kさんの「“のりしろ”のような存在の話」、Tさんの「かつての上司の話」などなど書き出したらきりがない程沢山の話題が立ち上がってきました。
ライターのTさんは、それらの感触を胸の底にすべて持ち帰り、更にそこに新たな取材も加えて彼女ならではの言葉に紡ぎ直し、ページ担当のKさんは、水うちわの写真撮影を含め、そこにひそむ無限のメッセージや物語の一片をページ構成の中で伝えようと最大限気を配ってくれたと私は思います。
そうして、 【5.1AIR】の“五感に訴える”「水うちわ」の物語が、独特の透明感のあるページとして表現されるに至ったのです。


まるであの日のテーブルの上の物語が、み〜んな透明な水うちわにろ過されたみたいな、チャーミングな記事になっています。時や言葉や、仕事や、想いや、心が、そよそよと流れていくように…。

|

« (愛じゃなくって)耳鳴りが止まらない。 | Main | NYギフトショー便り(1) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 透明な文章:

« (愛じゃなくって)耳鳴りが止まらない。 | Main | NYギフトショー便り(1) »