« 美濃透かし和紙アート展、終了しました | Main | アストロアジェンダカレンダー&ダイアリーの秘密 »

October 18, 2007

六本木CROSSINGから観る空は。

Page_title

 岐阜フラッグアート展で審査員としてお世話になっているアーティストの関口敦仁さんから案内状をいただき、六本木ヒルズにある森美術館で開催中の「六本木CROSSING2007」を観に行って来た。
(関口さん〜、内覧会には間に合わなかったのですが、、その翌日、行ってきましたよ!ありがとうございます!!)

案内チラシには、、、

「多様な日本のアーティストを紹介する「六本木クロッシング」(中略)。第2回目となる本展では、特に「交差(クロッシング)」の意味に注目し、4人のキュレーターによる活発な議論を通して、枠に収まりきらないエネルギーと影響力をもつ、今見せるべきアーティスト36組を厳選しました。
  作家それぞれの表現形態は絵画、彫刻、写真、デザイン、映像、演劇、マンガ、ゲーム、人形、ペンキ絵などさまざまです。(中略) 「六本木クロッシング2007」では、アーティスト一人ひとりの独創的な表現と、時代の交差に目を向けながら、時や分野を超えて息づく日本の創造性とその傾向を考察し、過去、現在、そしてその先の未来へと脈動する日本のアートの可能性を探ります。」

 と、綴られている。。。日本のアートの可能性。。。。
 私が毎日毎日考えていることだ。

 そしてその答えはここにあったのか?

 関口さんの絵画では、もうひとつの「金華山」を発見できた。そして、絵画のリズムに耳を澄ました。

 冨谷悦子さんのエッジングには、目と手と脳と心のつながる感覚を味わった。

 う〜〜ん、でも。
 美術館の中で、いろんな「作品」として、並び、守られ、観られている作品たちは、
明らかにその時点で、刻々と進み行く「現代のアート」でなくなりつつある、と、私は思う。

 「現代のアート」、現代アートの可能性は、「箱庭」では生まれないのだ。
 
 私が心動くアート、私が感じる「現代アートの可能性」は、
 例えばこんな、空の彼方や、地上のちまたで粛々と進み行く。

071014_1611_3

|

« 美濃透かし和紙アート展、終了しました | Main | アストロアジェンダカレンダー&ダイアリーの秘密 »

「心と体」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44514/16791983

Listed below are links to weblogs that reference 六本木CROSSINGから観る空は。:

« 美濃透かし和紙アート展、終了しました | Main | アストロアジェンダカレンダー&ダイアリーの秘密 »