« やっぱり「ちりとてちん」が(相変わらず)、好き! | Main | エリザベス〜寛容と慈悲の心 »

March 01, 2008

緩やかに手放す

0034

このところ、ず〜〜っと、行政での仕事が続きます。
それも大きな委員会ばかりで、、(疲れた〜〜。でも大事な仕事。)

和紙の仕事でも、国の支援をいただいての、おっきなプロジェクトが始まりました。
その申請を通す為に、めちゃめちゃ大変な書類を書き上げ、そして、何度もヒアリングに参加して、、、。 ほんと、頑張ったよ。

最近、「税金を使う事、仕事における公的な意味」を切実に考える。

何故、人は仕事をするのか?
もちろん生きるためだけど、それは、人が「決してひとりでは生きていけない」存在であるからこそ、「社会とのつながり」への使命や役務もあるんだって、思う。

本当は、資本主義にだってサンタクロースは存在するはずなんだ。
それが本当の「純粋な自然の贈与」のはずなんだって。

いつも、思う。人は多くを得れば得る程、それを手放したくなくなるけれど、
私は、するりと手放せる人間になりたい。。

しかし、これがなかなか難しいんだけれどね。

今日は、ひさしぶり〜〜に、仕事の人々とワインを飲んだ。
これ、昨年末に名古屋高島屋のワインセラーで購入したものを(私が買ったのではないのですが)行きつけのお店で出してもらったもの。

一日中忙しいと、ご飯を食べていても,ある意味、気分のテンションが下がらず、なかなかリラックスできないのですが、ワインの2杯目頃からすこしだけこころがまあるくなってきた。早く元気になりたいよ〜。

|

« やっぱり「ちりとてちん」が(相変わらず)、好き! | Main | エリザベス〜寛容と慈悲の心 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 緩やかに手放す:

« やっぱり「ちりとてちん」が(相変わらず)、好き! | Main | エリザベス〜寛容と慈悲の心 »