« 徒然なるまま | Main | ギャルリももぐさ〜しろ いずる 白 »

March 29, 2008

ちりとてちん、ありがとう〜。

W26_3_3

 大好きな、大好きな「ちりとてちん」、とうとう終わってしまいました。


 今日は、朝8:15分からの放送を見て、笑い、泣き、そして、9:30分からのBS総集編でまたまた笑い、泣き、11:00からの「ちりとてちん落語ワールドSP」で、またまた泣いて笑ってしまいました。。

 とにかく「あ〜〜〜終わった!」という感慨に耽っています。


 そして、多分、同様な気持ちでいるであろう全国の「ちりとて」ファンのみなさんのことを思いつつ、悲しいけれど、途方も無く幸福な気持ちに包まれています。

 悲しみと喜び。涙と笑顔。ほんとうに半年間、ありがとうございました。こんなに感動して、こんなに楽しみにしていたドラマは未だかつてありませんでした。

 ちりとてキャストのみなさんスタッフのみなさん本当にご苦労様でした。そしてありがとう。


 そしてそして、同様な気持ちをシェアできたであろう全国のちりとてファンのみなさんありがとう〜。


 このドラマの素晴らしさは、書き始めたらきりがない。
 でも、私は、このドラマが存在し得たのの理由のひとつには、キャスト、スタッフ含めたすべての制作者、ひとりひとりの、個人的な人としての想い、本音、本気、正直さが、きっちり表現し続けられたからこそだと思います。

 例えばNHKスタジオパークに、四草役の加藤虎之介さん登場した日の、脚本家の藤本さんの言葉に、抑えきれずにぽろぽろと涙した加藤さんの横顔、そしてそこに草原役の桂吉弥さん草々役の青木崇高さん小草若役の茂山宗彦さんらが登場したときのみなの笑顔と涙。
 それは、作り物なんかではなく、ほんとの気持ちが現れていた。

 例えば最終回の前日、3/28の朝8:15分からの放映が終わってNHKニュースに切り替わった時、かつて誰も言ったことのないであろうセリフ「明日の最終回もお楽しみに」と、森本アナウンサーが初めて言ったこと。
 思わず「おお〜〜!ナイスじゃん!」と叫んでしまった(多分、みんなもそうだったと思うけど、森本アナ、叱られてないかと心配にもなったけど)→まだ、見ていない方はこちらへ
 

 マスメディアでありながらも、ひとりの人から人へ、伝える「本物の言葉」があると思った。
 
 NHKにも、いろんな問題を抱えていたけど、もしかしたらすこし変わったのかも?と期待すらできる
「こころ」がある、「わたし」が居る、「あなた」を知る、そんな番組づくりが、やっと出来るようになったのか。

 そういう番組を作ろうとしている人々ひとりひとりの人生が、そこに出始めたような気がして嬉しかった。


 私も、そういう仕事をこれからもしていきたい。
 

 人の悪口を言うのではなく、人のせいにするのではなく、人を幸せにする仕事。


 仕事とはそういうものであるという信念を貫いて、喜びと悲しみをみなでシェアできる「寛容と慈悲のこころ」を忘れない、あたたかな人生を笑顔で歩みたい。
 

 そんなシンプルな人生への願いを、私にもう一度、確信させてくれた「ちりとてちん」。
 
 ほんとうにありがとう。


 このドラマをシェアできなかった方々へ。

 あなた方の人生は、今そういう場所にあるのだろうけど、もし、いつか、機会があったら、総集編や、DVDをご覧になったらいかがでしょうか。
 

 私は強制も、押し売りも、押しつけもしませんが、私は、このドラマをシェアできる感覚の人々と、生きて行きたいと思っています〜。


 それが、私の ちりとてちん。

追伸:総集編が<NHK総合>で、
   5月5日(月祝) 午前8時35分~10時13分(98分) 
     ○前編「笑う門(かど)には福井来(きた)る」
   5月6日(火祝) 午前8時35分~10時13分(98分)5月5日
     ○後編「笑う一門には福来(きた)る」
   として放送されますよ〜。

|

« 徒然なるまま | Main | ギャルリももぐさ〜しろ いずる 白 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

小3小5の子供たちとあさのBSで毎日見てました。「・・・その道中の陽気なこと」唱和してました。視聴率が最低だったとのこと、なぜなんでしょうね。

Posted by: パンやのとなり | April 01, 2008 03:33 PM

パンやのとなりさん。
コメント、ありがとうございます。

私も、視聴率が最低、、って、信じられません!

で、いろいろ考えたのですが、「ちりとて」ファンは、結構、BSで見ているのではないか、、ということです。
もしくは、ビデオリサーチの怠慢(?)。

自分でリサーチ、したくなっちゃいますよね!!

Posted by: nf | April 03, 2008 07:33 AM

満足のいく連ドラでした(^^)
3歳の息子も大好きで、テーマ曲が流れると
「ちりとてちん始まったよ~」と毎回教えてくれました。

アナウンサーのコメント、しかと聞きましたよ♪
ほんと「お~~~~~っ!!!」って感じでしたね。

Posted by: akikuma | April 03, 2008 10:06 AM

akikumaさん〜

ほんとうにね〜。
こんなに、私のまわりの人々が沢山視ているのに、朝日新聞に「視聴率が最低」ってわざわざ書かれていて。。

なんか、ほんとうって思います。

ま、でも、私たち、好きな者同士で盛り上がりましょう!!

追伸:例のものも経過報告待ってますよ〜。私がした方がよいこと、あったら言ってくださいね!

Posted by: nf | April 03, 2008 11:54 PM

好き嫌いが分かれたドラマだったようですね。
好きな人はものすごくハマり、
嫌いな人は「受け付けない」という記事を読みました。
わたしも ちりとてちん とのお別れは名残惜しかったです。
続編が制作されそうな感じですよね。
スピンオフとかも見てみたいと思います。
現実の世界でも、落語を見に行くようになりました(笑)

Posted by: 尾崎 | April 06, 2008 09:30 PM

尾崎さん

好き嫌いがあって、いいよね!って、今は思います

ただ、視聴率が、「悪い」と
新聞が書くのがなんだか、作為的な感じがして、すごく??でした。

ちりとての掲示板(ドラマ終了後も)の盛り上がりがすごいです。やっぱり、それだけ、しっかり出来ているドラマだったということだと思います〜。

Posted by: nf | April 06, 2008 10:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちりとてちん、ありがとう〜。:

« 徒然なるまま | Main | ギャルリももぐさ〜しろ いずる 白 »