« ちりとてちん、ありがとう〜。 | Main | 未来を創る〜トップセールス »

April 07, 2008

ギャルリももぐさ〜しろ いずる 白

 先月、久しぶりに多治見の「ギャルリももぐさ」に行って、「古道具坂田展」を拝見に行ってきた。

 ももぐさの安藤雅信明子夫妻とも、もう7〜8年の付き合いになる。

 そして、今回の企画展の企画出品者である「古道具坂田」の店主、坂田和實さんは、昨年、四国、高松の四国村での、民具の企画展をお願いして、ご一緒して以来、私がもっとも尊敬する大人の一人。

 もう20年以上前に,目白にある「古道具坂田」にお邪魔して以来、ずっとあこがれ、いつか、一緒にお仕事ができたら、、と願ってきた人だ。

 そして私がいつか、坂田さんにふさわしい人間に(当時は、あんな大人になりたいと、思っていた)近づいた時に、きっとご一緒できるのでは、、と思って来た。

 そして20年。
 昨年は、その夢がひとつ実現した。

 でもでも、私は坂田さんのところでは、ほとんど買い物をしたことがない悪い(?)お客さんだった。
 だからという訳ではないのだが、「ももぐさ」で、やっと坂田グッズを購入することができたのだ。

 
 一目見て気に入った、坂田チョイスの「くらわんか手白磁皿4枚セット」
 こんなパッケージです。ももぐさのセンスが生きています。

0001

順々に丁寧に、包みをひらいていきます。

0002

どう??

0003
4枚がお目見え。江戸後期、、ということだが。
すごくモダンです。
0004

ちょっとクルミとか入れてみました。。。

0006

 いかがでしょうか???

 私にとっては、この白磁皿は、骨董というよりも、

 例えばルーシー・リーや、
 部屋の片隅でいつも私を見てくれている、
 リサ・ラーソンのブルテリア犬の「白」(勝手に名付けている)や(他の犬では駄目なんです)、
0009

こちらも私の部屋を彩っている篠原芳子さんの作品(和紙の積層で出来ている:写真が悪くてごめんなさい)の「白」
0008

に通じる、ホワイト オン ホワイト の「アート」でもあるのです。

|

« ちりとてちん、ありがとう〜。 | Main | 未来を創る〜トップセールス »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

Comments

すごく素敵なお皿ですね!やさしい感じで温もりのある雰囲気があって、ずっと前からここにあったみたいな〜♪私も、そうやって日用必需品やアートな雑貨や作品を手にしていきたいです!

Posted by: ジュンコ | April 09, 2008 12:38 AM

私も15年ほど前、坂田さんとお話させていただいたことがあります。
西荻窪の魯山というお見せでお会いしました。
ももぐさを紹介していただいた麻布の「桃居」もお気に入りのお見せでした。
どちらのお店でも、お茶を頂き、おしゃべりばかりでいいお客ではなかったです。(笑)
でもさんざんこだわって買い物をしたことが楽しい思い出です。
自宅から1時間半ほど電車を乗り継いでお店に行くのに、
新聞紙に包んだ器を持参して、
上手く重なるか、色あわせはいいか、なんてやってました。
手元にのこるいとおしい器たち。
いつか割れてしまうかもしれない。
でもその日まで私のそばにいて欲しい。

Posted by: | April 30, 2008 02:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ギャルリももぐさ〜しろ いずる 白:

« ちりとてちん、ありがとう〜。 | Main | 未来を創る〜トップセールス »