« バースディ•メソッド | Main | 耳鳴り、その後のお話(Lilyさんへ) »

January 01, 2011

2011年、あけましておめでとうございます

 あっという間にもう新しい年が明けてしまいました。

 今年も、除夜の鐘を聞きながら、息子たちと恒例の初詣に行って来ました。

 今年の雪はべた雪で、珍しく傘をさしながらの初詣。

 子どもの頃からずっと続けて来た道のりの中、今年迎える自分の年齢を、
はじめて<うわっ!嘘でしょ。。。>と歩きながら思ってしまった。

 でも、気を取り直して、、いやいや、それは社会での年齢。私は私、、、なんて
思っているうちに、神社に到着。

 雪の中、参拝の列に並びながら過ぎた一年を思いつつ、新しい一年にも想いを馳せていました。

 どんな一年になるのでしょうか?

 今年は列の長さは例年よりも短かったのに、進み方がとてもゆっくりだった。

 みなが、真摯に時間をかけてお祈りをしているのからかもしれないなと、時代を想う。

 日本の元気が少なかった2010年、でも、それこそが新しい日本に生まれ変わるチャンスなのでしょう。
 祈りは、内側に向けられたのち、うんと遠くに運ばれていきます。

 静かなお正月が明けました。

 みなさんにとっても、心、豊かで充実し、本当の幸せや喜び、そして平和を祈りつつ、
 まずは、来る年に、
 おめでとうございます。

 今年の目標!

1)ブログをちょくちょく更新する!

2)yogaを再開する!

3)今の仕事を楽しみながら、しっかりやり抜く!

 がんばります〜〜。ちょくちょく、、ってアバウトだよね。でも、これくらいが今の私にはぴったりの感覚なのです。。。
 のちほど、昨年の振り返りなども、書きたいと思っています。

 一昨年以来、取りかかっている重責の中、時間がなくて、なかなか
お会いできないみなさま、、、ご無沙汰をお許しください。

 でも、頑張っています。私にしかできないことを、めざして。
 私利私欲ではなく、本当に、自分のめざすものを心に置いて。

 今年もよろしくお願いしますね。

 ちなみに、、、今年の我が家のおせち料理とお神酒です。。。。

2011010110210000_3
2011010110220000_2

 昨年末は、いつもよりしっかり掃除をして、息子と買い物に行き、ドイツのホットワイン用赤ワインとブラックオリーブを購入してきました。。 

 こんな暮らしも良いなと思う、私、、なのでした。。。

|

« バースディ•メソッド | Main | 耳鳴り、その後のお話(Lilyさんへ) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。 

昨年の6月か7月頃にメッセージを書かせていただきました。
もう3年近くも前の事なので、きっと耳鳴りは治っていらっしゃるのでしょうか。
私は、昨年6月に娘から風邪をうつされて急性中耳炎になって以来、高音のキーンとした耳鳴りが四六時中鳴っていて、一日たりとも止まった事がありません。
医者5人に見てもらいましたが、耳官が腫れてるのかもとかし全に治るとか言われて、ステロイド剤を処方されていましたが、結局直らないと見るや、見放されました。
鼓膜切開までしましたが、音がこもったようになって聞こえづらくなり、気分も悪くなり結局外して貰いました。

今でもキーンと鳴りっぱなしです。 鍼治療もしてみましたが、だめでした。 耳鼻科で検査した際、感音性難聴を伴っていて、聴力検査では両耳とも高音域ががくっと下がってるとの事。30代で50-60歳くらいの老人型難聴だと言われました。 多分遺伝が強いでしょうとの事でしたが、耳鳴りが始まったのは、去年の6月4日、病院で中耳炎の痛さに耐えながら
天井を見ていたときでした。 難聴はともかく、耳鳴りがとっても辛いです。 

その後はいかがお過ごしでしょうか?

Posted by: Lily | February 01, 2011 at 03:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44514/50460074

Listed below are links to weblogs that reference 2011年、あけましておめでとうございます:

« バースディ•メソッド | Main | 耳鳴り、その後のお話(Lilyさんへ) »