« 瞬間享受性。。 | Main | 12月。 »

November 13, 2011

音に揺れる

7201_3

 10月30日、都ホテルの最上階の天空ステージ「ザ・スカイバンケット」で、
長良川と金華山を背景に、友人のAricoの黄昏ピアノリサイタル
「Arico 長良川を奏でる」
長良川おんぱくの最終イベントとして行われた。

 長良川おんぱくは、岐阜県とおんぱく実行委員会との共催事業で

私もことのほか思い入れの強いものだったし、

 実現できたことが、何より嬉しかった。

 そしてそのエンディングとしてのAricoのピアノは、一音、一音、力強く、
  かつ繊細で、まさにAricoのサウンドそのものだった。

 久しぶりに心が揺れて、揺さぶられ、彼女の世界が自然にすっと広がって、

 長良川や、岐阜の空気、

 会場の人々との透明でクリーンな関係性が詩的に響き合っているようで、
 本当に心地よかった。

 彼女の紡ぎ出す音の世界はとても雄弁だったけど、でも、押しつけがまくない。
 だけど、しっかり自分の音色が立ち上がっていて、美しくて、チャーミングだった。

 背中越しのAricoの演奏を見続けたのは、彼女と出会って10年以上経ったのに
 はじめてだった。
 でも、その背中も良かった。

 

 一期一会の出会いを慈しみ、感謝し、
 音の中で小さな光を紡ぐ彼女の姿は、

 まさにそのためだけにある、という感じで
 まれに見る素晴らしいステージだったと思う。

 私はその中で、沢山の勇気と元気をもらった。

 これが岐阜の、長良川や金華山のマジックかもしれなくても、
 明らかに彼女の変化は前向きで
 私はとても嬉しかった。

 そして幸せだった。

 そんな時間を創造してくれたAricoはもちろん、
 このイベントを支えてくれた、
 全ての人や全ての想いや、それにつながる過去や未来や、
 環境や空間や、すべてのすべてに感謝したいと思った。
 (もちろん、そこに至るすべての私自身の運命の流れも含めて)

 Thanks again,from my heart.

|

« 瞬間享受性。。 | Main | 12月。 »

アート」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44514/53234900

Listed below are links to weblogs that reference 音に揺れる:

« 瞬間享受性。。 | Main | 12月。 »