« Recently events... | Main | Lilyさんへ:耳鳴り、さらにその後のお話 »

December 09, 2012

Essential requirements.

昨日、初雪が降りました。
そして今も降り続いています。

2012120916270000

あんなに暑かった夏や国体も終わり、
短い秋が過ぎるころ、
11月12日の朝、出勤しようと靴を履こうとして、
とつぜん急性腰痛症、要するにぎっくり腰になってしまった。

これが重症で、今まで体験したことのない激痛と、
以後、まったく立てない、歩けない、、、という日々に突入。

医者からは全治3週間〜1ヶ月ですね、の言葉。。

「今までの無理が祟ったのでしょう。。。安静にし、動かないでください」
といわれたけれど、
本当に動く事ができないので、
私にしては珍しく、今回ばかりは本当に観念した。

「ぎっくり腰」って、今までは、聞くと、ちょっと笑いそうになる病名だったけど、
もう私は以後、二度と、ぎっくり腰になった人を笑うことはないだろう。
(ほんと、今まで、この病気をナメテて、ごめんなさい!)

激痛の中、一日、一日、ゆっくり、ゆっくりと自分に向き合いながら
筋肉や、一歩踏み出す身体の仕組みや、

腰って本当に身体の「要」なんだということを実感し、
それらの大切さや、動けない人を介護してくれる存在の有り難さなど
すべてが身にしみた。

「無理」をすることと、「頑張る」ことは違う、ということ。
自分の心の奥の声と、身体の声にしっかり耳を澄ますこと。

世の中にはもっと重病で苦しんでおられる方もいらっしゃるとは思いつつも、
私は私なりに、その時々の与えられた試練の中で、
いろいろなことを体験し、そこからいろいろ考えた。

その間に、森光子さんや、政治評論家の三宅久之さんや、ワタリウムの和多利さんや、
中村勘三郎さんなどが亡くなって、
そして冬がやって来た。

今、多くの人の支えや助けや、励ましや、笑顔やもろもろのお陰で
やっとゆっくり現場復帰しています。

健康でいられるって、良いよね。
本当に素晴らしい、ことなんだ。

これからは、ちゃんと、自分の健康、そして命を大切にしながら、
私のミッションを、私らしく果たすこと。

新しい一年が、無事にやってくることを祈りつつ、
これからも、笑える時に、思い切り笑えるように、
心から感動できる喜びを、
明日もまた、味わえますように。

|

« Recently events... | Main | Lilyさんへ:耳鳴り、さらにその後のお話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
たまたま、私の方のブログ(佐吉大仏ヒラメ記)で昨日の大雪の記事を写真中心にアップして後、お邪魔しましたら、雪の写真から始まる記事でブログを再開されておられました。
この暗合に思い切ってコメントさせていただきます。

岐阜国体の重要な役割を担われたのですから、終了後に急激に腰に疲労感が集中されたのではないでしょうか。
ぎっくり腰の場合は、一月では治りません。
ボキっと音がするそうで、三ヶ月から半年位治癒にかかり後遺症が残ります。
ともかくもお疲れ様でした。それだけ全身傾けられた結果としてのぎっくり腰であられたと思います。

「ミッション」と言う事ですが、社会との間で色々な役割を演じながらも、本質的には自分自身の内から発せられるものでないかと思います。
それは大小に関係なく、そうなって初めて主体的に自分の人生を歩むと言えるのでないかと思っております。
健康・安全にはくれぐれもご留意されまして、生き生きとして精神がみなぎる時を多くお持ちになられますようにお願いします。

最後に、興味ある本、音楽、アート等有りましたら、是非ブログでご紹介してください。

Posted by: ヒラメ | December 11, 2012 at 03:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44514/56285359

Listed below are links to weblogs that reference Essential requirements.:

« Recently events... | Main | Lilyさんへ:耳鳴り、さらにその後のお話 »