« あけましておめでとうございます! | Main | 新しいスタートです »

January 13, 2013

お正月休みに読んだ本

今年のお正月、何冊か、本を読んだ中で最も印象に残ったのが、

「聖女ヒルデガルトの生涯/The Life of SAINTLY HILDEGARD」(ゴットフリート修道士・テオーデリヒ修道士 著/井村宏次 監訳・解説 久保博嗣 訳)だ。
Books

さらに続けて「聖ヒルデガルトの医学と自然学」((ヒルデガルト・フォン・ビンゲン著 プリシラトループ翻訳 井村宏次 翻訳  聖ヒルデガルト研究会 翻訳)も、読んだ。

51m9faixl_sl500_aa300_

「聖女ヒルデガルトの生涯」は、12世紀ドイツの聖女で中世ヨーロッパで最高の賢女と言われるヒルデガルトがいかにして聖女と呼ばれたか。

また、神への愛、信仰、修道女から聖女へ、その禁欲的な暮らしの中で、ヒーラーとしての奇蹟を起こすだけではなく、音楽(作曲)、絵画、自然観察、医療など、すべて神の愛の実践行為とした事実を記している。

中世というまだ「女性の社会での存在意義」が今と全く違う社会構造の中で、彼女自身、信仰という力により、天賦の才能を(まさに天賦とは良く言ったものだ、と思う)、極限まで引き出し、それを社会(という存在に)に対して開花、実践させたという圧倒的な事実に驚愕した。

さらにヒルデガルト自身が、植物230、元素14、樹木 63、石と宝石26、魚36、鳥72、動物45、爬虫類18、金属8の全512項目におよぶ事物の薬効と毒性と利用法を記した名著『フィジカ』を、本邦初訳したものが「聖ヒルデガルトの医学と自然学」だ。

これは、まさに現代で言うホリスティック医学の 原点であり、中世医学、自然学、文化人類学の古典であり、私にとっては、懐かしくも新しい著作として、う〜んと遠い記憶だけれども、驚く程近い感触として胸の奥の奥に刻まれた。

何より読んでいて、どれくらいわくわくした事か。

ヒルデガルトという実際の人物については、以下の通り。

ヒルデガルト・フォン・ビンゲンまたはビンゲンのヒルデガルト(独: Hildegard von Bingen, ユリウス暦1098年 - ユリウス暦1179年9月17日)は、中世ドイツのベネディクト会系女子修道院長であり神秘家、作曲家。神秘家であり、40歳頃に「生ける光の影」(umbra viventis lucis)の幻視体験(visio)をし、女預言者とみなされた。50歳頃、ビンゲンにて自分の女子修道院を作る。自己体験を書と絵に残した。

医学・薬草学に強く、ドイツ薬草学の祖とされる。彼女の薬草学の書は、20世紀の第二次世界大戦時にオーストリアの軍医ヘルツカにより再発見された。才能に恵まれ、神学者、説教者である他、宗教劇の作家、伝記作家、言語学者、詩人であり、また古代ローマ時代以降最初(ギリシア時代に数名が知られる)の女性作曲家とされ、近年グレゴリオ聖歌と並んで頻繁に演奏されCD化されている。中世ヨーロッパ最大の賢女とも言われる。(wikipediaより引用)

220pxmeister_des_hildegardiscodex_0

私自身、こういう実在の女性の存在、その強さ、その愛の深さ、

その聖なる響きに、魂の尊さを知らずにはいられなかった。

これらの本と出会う縁をくれた息子に最大限の感謝。


|

« あけましておめでとうございます! | Main | 新しいスタートです »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お正月休みに読んだ本:

« あけましておめでとうございます! | Main | 新しいスタートです »