« February 2015 | Main | June 2015 »

March 2015

March 22, 2015

それぞれの国で・・

今回お邪魔した場所の様子のほんの数ショットです。

2015031515450000  
ベトナム、ハノイに向かうベトナム航空の機内誌の表紙。
2015031808010000
ベトナムでは朝、手作りヨーグルトが必須。
美味しいです。
2015031711520000
ホーチミンの街並の様子〜曇りの続くハノイから一転。
明るい日差しの中を、無数のバイクが走る、走る。
2015031808530000
とある高層オフィスから望むホーチミンシティ。
メコン川がゆっくりと蛇行。。
2015031813080002
ホーチミンのカフェ。明らかに中間層以上の若者たちが
ランチ。所得格差の中で富裕層と観光客向けのショップは
どんどんおしゃれになっていく。
2015031813080000
例えばこういったカフェで、大人数で集まっていると「集会」と
見なされて逮捕されることも。。。
この国の富の向こうに透けて見える「社会主義」的あり方。
変わって↓こちらはフィリピン、マニラのホテルからの景色。
2015032110470000
ベトナムのハノイ、ホーチミン、フィリピンのマニラ、
この3都市のみ、GDPが突出している。
そんな3都市の中でも、市街地に行けば、ボロボロの掘建て小屋に
住む人々もいる。。。
富や経済について考えた一週間。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 20, 2015

今、マニラにいます

ハノイから3時間弱、フィリピンのマニラに来て2泊目の夜。

今回の出張、最後の夜です。 
 
自由時間はほとんどなかったので、ひたすら仕事のMTGばかりが続いたけれど
その中で、この国については、いろいろと考え、そして
現実のこの国の、この都市の人々の姿を見ながら思う事が、多々、めぐる。。                                           
疲れ果てている脳みそでは詩的な表現ができないけれど、
この国の貧富のさや、中間層の増大や、
月収3万円から5万円ちょっとの人々が
1500円の夕食代を支払ってる様子や、
対して日本の貧民層のあり方との違いとか
命の重みの違いとか、
                                      金曜日の夜は、タクシーがメーターをきらずにぼったくるとか、
でも、朝ご飯のレストランでドアボーイがちゃんといて、彼が、
お客さんのシャツについた小さなケチャップのシミをちゃんと伝えて、
ぬれティッシュを手渡す姿とか、           
                                      
世界の混沌と、日本人の心の砂漠感とを比較すると
どちらがエネルギーに満ちているのか、と思う。。                                
私は本当は、たくさん長生きして、世界を変化を、映画を見続けるみたいに
見守って行きたいと願ってしまう。               

それほどまでに世界は、いつも、いつも、動いているのだ。                                                                                                               

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 19, 2015

今、ホーチミンにいます

昨日、朝早くハノイを出て、ホーチミンに来た。

 
それが昨日なのに、もう、明日、フィリピンに向かいます。
ホーチミンでの仕事を粛々とこなしながら、すでに昨日、なにがあったっけ?的な
思考になっている。   
 
お金の単位にも全く慣れないまま、明日はまた、違う国に行く。                   
そんな中でも、この国の傾向を少しだけ感じられたし、いろいろな話を聞けた。
世界の中で、日本人が生きて行くという事。。昔から移動する人たちの想いや願い。                                             
10年前に来たホーチミンは、既に刻々と変わろうとしている。
ベトナム戦争を知っている私の世代と、知らない世代と。。
でも今も残る南北の面影と。                                                                      
新しい経済活動の意味と意義とスタイルを生み出す時期に来ていると、切実に思う日々です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | June 2015 »