音楽

March 25, 2012

岐阜県と、more treesと。

 

Img_00892

 

 私が3年前に望み、一歩を踏み出したこと。
 それが奇蹟みたいに実現した日。

 誰もそのはじまりが誰かなんて、知らなくても良い。
 でも、それは、
 確かに、3年前のあの瞬間の、
 閃きにも似た私の一歩から、このプロジェクトははじまったんだ。

 私は、その夜、長良川を見ていた。

 金華山は闇に沈み
 月灯りだけが川面をキラキラと照らしていた。
 自転車を片手に右岸道路に佇みながら、
 その時、私は、一ヶ月程前にものすごく無防備に飛び込んだ、
 まったく新しい組織の中で、
 やるべきミッションについて悩み、漠然と考えていた。

 滔々と流れる長良川。

 その源流まで意識を飛ばす。夜の空をぐっと、深く。
 そこにある、森。源流の森。
 すべてがつながっている。

 その時、数ヶ月前に読んだ新聞の特集記事がふわっと浮かんできた。

 その記事は、北海道下川町の森が「more treesの森」第4号に認定され、
 坂本龍一さんが現地を訪れた様子とともに、
 何故、坂本さんが森の再生に取り組んでいるのか、などについて自然体の文体で書かれたインタビュー記事だった。

 坂本さんが(多分朝の)ニューヨークの街並を歩く写真とともに掲載されていて、「エコはファッション」でいい、と見出しにあった。

 その記事を読んだ時、私は、まるでデジャブにも似た、いや、デジャブにしたい気持ちで、
「岐阜にもmore treesの森を!」と想い、

 その場所にいつか、きっと「坂本さんが訪れる日」が来る事をイメージした。

 「もっと、木々を!」

 なんて素敵でシンプルな言葉だろう。

 そう、想い、森の深さ、豊かさ、それが目の前の滔々と流れる長良川につながっていることを、再び全身で感じながら
 自転車を走らせようとしていたその瞬間に、 
 「one more stay,one more trees」
 という言葉が降って来たのだ。

 最初は、岐阜をいつもより1泊多く旅したら、その分、岐阜に木を1本植よう、
 そんなプロジェクトを作ろうと思った。

 でも、よくよく考え、そして調べていくと、植林も大切だけど、
 今、必要なのは間伐すること。。
 その材を、財に変えて、循環させて、
 本物の、持続可能な森、川、海、そして人やあらゆる生き物との循環型社会を
 つくること。。そういうことも実感として分かって来た。

 じゃあ、今、岐阜県の森林行政はどうなっているんだろう。
 私の観光交流事業と結びつけていけるのだろうか・・。

 そんなこんなを考えながら、スタッフにプレゼンし、プロジェクト化にむけて
 試行錯誤の日々。

 それから、3年。
 本当に多くの時間と、スタッフの努力と、多くの人々のつながりと、

 みんなの汗と、思いと、努力が実って、
 岐阜県の加子母と東白川という二つの地域で「more treesの森」が誕生し、
 そして、自然を活用した「都市と森をつなぐ交流モデル」を構築するための
 「連携に関する包括協定」が、一昨日の2012年3月23日、坂本さんをお迎えして、
 岐阜県「more trees」とで締結することができたのだ。

 坂本龍一さんに、岐阜県を見てほしい、知ってほしい。
 more treesが、掲げる理念は、岐阜県でこそ、実践したい。

 そんな気持ちがスタートだったこの一歩。

 そして今、
 もはや私の最初の思いを超えた、多くの人々の理念や、行動の結実としての
 アクションがはじまって、動いている。

 すごい動き、静かだけど、すごいうねり。

 私の最初の思いを遥かに超えた、そんな<現実>が生じている事。
 あらためて、ひとり、静かに、深く、感動する。

 だって、もう知らないところで、本当にいろいろな人々が
 自分のプロジェクト、として、動いて、それが形になっているのだ。
 ほとんど、最初にイメージした通り、いや、もっとそれを超えて。

 すべてが自然に、流れて、つながって、ぶつかったりしながらも
 ベストなタイミングで、ひとつ、ひとつ、
 ひと節、ひと節づつ、まさに年輪みたいに刻まれて行く。

 東白川の森の看板の前では、坂本さんと、村の子供たちが即興的な、音を響かせた。
 そのときの子どもたちは、そのはじまりなんてまったく知らない。
 知らないからこそ、貴重なのだ。

 私は、そう思うだけで胸が篤くなった。

 世界はこうして動いて行く。
 命や、想いは知らないうちに紡がれて行く。

 子どもたちには、でも、あの寒空の中の演奏や、
 どうして今、自分たちがそこにいるのか、について、
 いつか、きっと、その森のめぐみについて
 あの場所で、世界的音楽家が突然のことにも関わらず、マネージャーがさっと差し出したホカロンで指を温めながらトイピアノに真摯に向き合う姿と、ともにした時間について。

Img_01061_2  

 奇蹟のようなこの二日間、その時を
 何故だか、ずっと降り続いた雨や、雹や、寒さの中、
 自宅に戻って、すっかり寝込んでしまった自分の精神と魂と体の声として、

 それは、私だけでなく、そこにいた誰もが、
 きっと、一生、忘れないだろう。

 そして私は、今、想う。
 大好きなメイ・サートンの言葉を。
 「Plant dreaming deep〜夢見つつ、深く植えよ」

 みんな、本当に、ありがとうございました。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

November 13, 2011

音に揺れる

7201_3

 10月30日、都ホテルの最上階の天空ステージ「ザ・スカイバンケット」で、
長良川と金華山を背景に、友人のAricoの黄昏ピアノリサイタル
「Arico 長良川を奏でる」
長良川おんぱくの最終イベントとして行われた。

 長良川おんぱくは、岐阜県とおんぱく実行委員会との共催事業で

私もことのほか思い入れの強いものだったし、

 実現できたことが、何より嬉しかった。

 そしてそのエンディングとしてのAricoのピアノは、一音、一音、力強く、
  かつ繊細で、まさにAricoのサウンドそのものだった。

 久しぶりに心が揺れて、揺さぶられ、彼女の世界が自然にすっと広がって、

 長良川や、岐阜の空気、

 会場の人々との透明でクリーンな関係性が詩的に響き合っているようで、
 本当に心地よかった。

 彼女の紡ぎ出す音の世界はとても雄弁だったけど、でも、押しつけがまくない。
 だけど、しっかり自分の音色が立ち上がっていて、美しくて、チャーミングだった。

 背中越しのAricoの演奏を見続けたのは、彼女と出会って10年以上経ったのに
 はじめてだった。
 でも、その背中も良かった。

 

 一期一会の出会いを慈しみ、感謝し、
 音の中で小さな光を紡ぐ彼女の姿は、

 まさにそのためだけにある、という感じで
 まれに見る素晴らしいステージだったと思う。

 私はその中で、沢山の勇気と元気をもらった。

 これが岐阜の、長良川や金華山のマジックかもしれなくても、
 明らかに彼女の変化は前向きで
 私はとても嬉しかった。

 そして幸せだった。

 そんな時間を創造してくれたAricoはもちろん、
 このイベントを支えてくれた、
 全ての人や全ての想いや、それにつながる過去や未来や、
 環境や空間や、すべてのすべてに感謝したいと思った。
 (もちろん、そこに至るすべての私自身の運命の流れも含めて)

 Thanks again,from my heart.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2011

瞬間享受性。。

 

2011080921530000

 

 昨日、台風が近づく大雨の中、昔からの友人のディナーライブに行った。

 友人の演奏は良かった。パワフルで。音の響きも。
 でも、何だろう。。。

 いつも、感じる<もの>がない。

 それは私が変わったからなのか? それとも。

 そのディナーライブは、食事も売りで、それなりの値段を出している。
 実は、そのディナーライブの第一回に私は参加した。
 そのときの食事の感動は、今も忘れられない。

 しかし、それも、私が変わったからなのか。
 それから何度となく、美味しいフレンチや、イタリアンや創作料理を口にすることで
 もっともっと世の中に沢山ある、<美味しさ>を知ってしまったからなのか?

 でも、、いつも、私が感じる、味のマジック。
 料理人の<気>のようなもの。

 その料理人に期待した、深い、味わい。

 それがとても単調で、食事をしたあと、帰り道、
 すごくおなかがすいてしまった。
 美味しいものをいただいたときの、あの幸福感、、が足りなかった。

 音楽も同じだった。
 いや、演奏は良かった。でも、何だろう。

 映像が流れていたから?トークが妙に上手になっていたから?
 私の耳や、心や、五感が鈍感になったから?

 私の求めるものが変わったから?

 プロフェッショナルって、何だろう。
 演奏家、って、料理人、って。

 すべてに一期一会の感動を求めるのは、酷なのか。

 でも、私は、アーティストは、いや、Creator には
 一期一会の真剣勝負を求めてしまう。

 あなたの人生のルーティンにお金を払っているんじゃなって
 思ってしまう。

 私は、<作品>を見に来たのに、と言いたくなってしまう。
(それが間違っていたのかもしれないけど)

 厳しいけど、それが、私の今の、Artや、Creativeへのく価値観>なのかもしれない。
 たぶん、以前より、ずっと、その瞬間享受感性の
 ハードルが上がってしまったのだろう。

 そっか。。。きっと、それが
 まったくプライベートのマイナー感覚の、
 My back pagesなのだ。

 Ah, but I was so much older then,I'm younger than that now.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2009

2009年のGIFT

A HAPPY NEW YEAR 2009!!

あけましておめでとうございます。
本当に一年、一年、
月日の経過が早く感じられるようになってきました。

大切にしないとね。

今日は、お正月気分を出す為に、着物を着てみました。

今年もよろしくお願いいたします。

ところで、昨年末、紅白で、Mr.Childrenの「GIFT」を見て、日本のpop songで「ハナミズキ」以来、久しぶりに心が動きました。

アレンジも良かったです。
早速, You Tubeでもう、アップしてくれている人がいました。
すごいね。みんな。ありがとう!

ということで、ミスチルの「GIFT」、あなたに捧げます。(NHKでの画像は消去されたらめ、ミスチルのオリジナルPVをどうぞ、これもなかなか良いよ!)


今、君に贈るよ
気に入るかな?受け取ってよ
君とだから探せたよ 僕の方こそありがとう

一番きれいな色ってなんだろう?
一番ひかってるものってなんだろう?
僕は抱きしめる 君がくれたGIFTを
いつまでも胸の奥で
ほら ひかってるんだよ
ひかり続けんだよ

〜Mr.children GIFT〜

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 28, 2008

2008年、今年もありがとう

今年もあと4日。

私にとって、今年、2008年は、一生の中でも深く想い出に残る年になりました。
予想もしていなかった(でも予感を抱き続けていた)出来事の中で、私は本当に自分の人生を生きる勇気をもらいました。

多くの人々や、すべての環境に支えられ、生きています。
みんな、ありがとう。

自分に訪れた転機を、きっちり感謝の気持で受け入れて、そしてその光をこころから全身全霊で受け止めたいと思っています。

67億人の中から、見いだしたこと。
行き交う無数の情報の中から、集中して、選択したこと。

星星の瞬きの中で、生きる意味を問い直したこと。

今年、私が何度もひとり、心の中で歌った曲
「ハナミズキ」の、徳永英明&青窈ヴァージョンをみんなに捧げます。

私は、ハナミズキの中でも、このヴァージョンを心から愛しています。
you tubeでこのデュエットを見て、聴いた時、
心の底から感動しました。

それは、何年経っても変わりません。

良かったら、聴いてください。

私をいつも見守って、応援してくれているみんな。

ほんとうにいつもありがとう。

僕の我慢がいつか実を結び
果てない波がちゃんと止まりますように
君と好きな人が百年続きますように

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 13, 2008

宇宙は果てしなく動き続けている

 みなさん、こんにちわ〜。

 先日、岐阜でお正月以来の大雪が降りました。
 実は,その日は息子と一緒に豊橋まで電車で行ったのですが、通常は、岐阜で大雪が降っていても、東海道線を東に向かうにつれ降雪量が減っていくのですが、この日は違っていましたね〜。

 これはその日の写真。

0022

 どんどん、どんどん車窓から見える景色がまさに雪国の景色!になっていき、大学生の頃、一面の雪景色に包まれたくて、冬の北海道に周遊券で旅をした日のことを思い出しました。

 あの頃、まだ分厚かったウォークマンで、ダン・フォーゲルバーグ(昨年末、亡くなったと知ってすごくショックだったweep)の音楽をずっと聴きながら、真冬の北海道をめぐる列車から、真っ白な車窓風景を見つめていたなぁ。。

 で、今日は見事な青空。

0023

 風は冷たいのですが、じっと空を見ていると、雲がいつもよりうんと早く流れていくのが分かります。

 そうか、あの雲、上空でものすごいスピードで動き続けているんだなぁと思うと、感覚が飛びそうな妙な気持ちになります。

 
 先日、「生き方は星空が教えてくれる」(木内鶴彦著/サンマーク出版 )という本を読みました。
 元来、書物中毒人間なのですが、この本は、久しぶりに息子(大学生/春休みで帰省中)と一緒に岐阜県立図書館に行って借りて来たものです。

Books_2

 息子は最近ものすごい読書の虫で、この日も分厚い本を10冊近く借りていたのですが、私はこの本の装丁に何となく惹かれて軽い気持ちで手に取りました。

 で、読み進むうちに。。。久しぶりに興奮しましたね。
 著者の木内さんは彗星探検家であり、臨死体験者なのですが。。何より、彼が彗星を発見するときの星空を探索する目や見方に感動した。
 
 簡単に言ってしまえば、毎晩、夜空を見続け、夜空の星の位置をすべて3D感覚で認識できる彼だからこそ、自己の臨死体験もあれほどまでに客観的に認知できたのだと思うのですが、難しい事はさておき、その中に、「富士山にかかっている雲は、止まっているように見えるけど、実はものすごい高速で動き続けている」という一文があり、それを読んで以来、私も空を見上げると、動き続けている雲や、動き続けている星星や、そして地球(私の大地)を思います。

 そう思うととたんに、ついつい普段は忘れがちな自分と宇宙とのつながりを思い出し、そしていろんな生き物や、まわりの環境の中の小さな自分は、まわりのものすべてに「奇跡みたいに生かされている」という感謝の気持ちが湧いて来て、同時に、だからこそ「謙虚でいよう」と素直に感じます。

 木内さんの臨死体験の話もめちゃめちゃ面白かったのですが、とりあえず、何人かの人にすぐ「この本、面白いよ!」と伝えまくり、息子にも「読んだら?」と言うと、普段は本の内容に厳しい息子も面白かったらしく、息子の友人に勧めていたようです。

 うん、巡る人生、やっぱり人生には「笑顔」でいたいね〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)