趣味

March 25, 2012

岐阜県と、more treesと。

 

Img_00892

 

 私が3年前に望み、一歩を踏み出したこと。
 それが奇蹟みたいに実現した日。

 誰もそのはじまりが誰かなんて、知らなくても良い。
 でも、それは、
 確かに、3年前のあの瞬間の、
 閃きにも似た私の一歩から、このプロジェクトははじまったんだ。

 私は、その夜、長良川を見ていた。

 金華山は闇に沈み
 月灯りだけが川面をキラキラと照らしていた。
 自転車を片手に右岸道路に佇みながら、
 その時、私は、一ヶ月程前にものすごく無防備に飛び込んだ、
 まったく新しい組織の中で、
 やるべきミッションについて悩み、漠然と考えていた。

 滔々と流れる長良川。

 その源流まで意識を飛ばす。夜の空をぐっと、深く。
 そこにある、森。源流の森。
 すべてがつながっている。

 その時、数ヶ月前に読んだ新聞の特集記事がふわっと浮かんできた。

 その記事は、北海道下川町の森が「more treesの森」第4号に認定され、
 坂本龍一さんが現地を訪れた様子とともに、
 何故、坂本さんが森の再生に取り組んでいるのか、などについて自然体の文体で書かれたインタビュー記事だった。

 坂本さんが(多分朝の)ニューヨークの街並を歩く写真とともに掲載されていて、「エコはファッション」でいい、と見出しにあった。

 その記事を読んだ時、私は、まるでデジャブにも似た、いや、デジャブにしたい気持ちで、
「岐阜にもmore treesの森を!」と想い、

 その場所にいつか、きっと「坂本さんが訪れる日」が来る事をイメージした。

 「もっと、木々を!」

 なんて素敵でシンプルな言葉だろう。

 そう、想い、森の深さ、豊かさ、それが目の前の滔々と流れる長良川につながっていることを、再び全身で感じながら
 自転車を走らせようとしていたその瞬間に、 
 「one more stay,one more trees」
 という言葉が降って来たのだ。

 最初は、岐阜をいつもより1泊多く旅したら、その分、岐阜に木を1本植よう、
 そんなプロジェクトを作ろうと思った。

 でも、よくよく考え、そして調べていくと、植林も大切だけど、
 今、必要なのは間伐すること。。
 その材を、財に変えて、循環させて、
 本物の、持続可能な森、川、海、そして人やあらゆる生き物との循環型社会を
 つくること。。そういうことも実感として分かって来た。

 じゃあ、今、岐阜県の森林行政はどうなっているんだろう。
 私の観光交流事業と結びつけていけるのだろうか・・。

 そんなこんなを考えながら、スタッフにプレゼンし、プロジェクト化にむけて
 試行錯誤の日々。

 それから、3年。
 本当に多くの時間と、スタッフの努力と、多くの人々のつながりと、

 みんなの汗と、思いと、努力が実って、
 岐阜県の加子母と東白川という二つの地域で「more treesの森」が誕生し、
 そして、自然を活用した「都市と森をつなぐ交流モデル」を構築するための
 「連携に関する包括協定」が、一昨日の2012年3月23日、坂本さんをお迎えして、
 岐阜県「more trees」とで締結することができたのだ。

 坂本龍一さんに、岐阜県を見てほしい、知ってほしい。
 more treesが、掲げる理念は、岐阜県でこそ、実践したい。

 そんな気持ちがスタートだったこの一歩。

 そして今、
 もはや私の最初の思いを超えた、多くの人々の理念や、行動の結実としての
 アクションがはじまって、動いている。

 すごい動き、静かだけど、すごいうねり。

 私の最初の思いを遥かに超えた、そんな<現実>が生じている事。
 あらためて、ひとり、静かに、深く、感動する。

 だって、もう知らないところで、本当にいろいろな人々が
 自分のプロジェクト、として、動いて、それが形になっているのだ。
 ほとんど、最初にイメージした通り、いや、もっとそれを超えて。

 すべてが自然に、流れて、つながって、ぶつかったりしながらも
 ベストなタイミングで、ひとつ、ひとつ、
 ひと節、ひと節づつ、まさに年輪みたいに刻まれて行く。

 東白川の森の看板の前では、坂本さんと、村の子供たちが即興的な、音を響かせた。
 そのときの子どもたちは、そのはじまりなんてまったく知らない。
 知らないからこそ、貴重なのだ。

 私は、そう思うだけで胸が篤くなった。

 世界はこうして動いて行く。
 命や、想いは知らないうちに紡がれて行く。

 子どもたちには、でも、あの寒空の中の演奏や、
 どうして今、自分たちがそこにいるのか、について、
 いつか、きっと、その森のめぐみについて
 あの場所で、世界的音楽家が突然のことにも関わらず、マネージャーがさっと差し出したホカロンで指を温めながらトイピアノに真摯に向き合う姿と、ともにした時間について。

Img_01061_2  

 奇蹟のようなこの二日間、その時を
 何故だか、ずっと降り続いた雨や、雹や、寒さの中、
 自宅に戻って、すっかり寝込んでしまった自分の精神と魂と体の声として、

 それは、私だけでなく、そこにいた誰もが、
 きっと、一生、忘れないだろう。

 そして私は、今、想う。
 大好きなメイ・サートンの言葉を。
 「Plant dreaming deep〜夢見つつ、深く植えよ」

 みんな、本当に、ありがとうございました。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 29, 2008

ちりとてちん、ありがとう〜。

W26_3_3

 大好きな、大好きな「ちりとてちん」、とうとう終わってしまいました。


 今日は、朝8:15分からの放送を見て、笑い、泣き、そして、9:30分からのBS総集編でまたまた笑い、泣き、11:00からの「ちりとてちん落語ワールドSP」で、またまた泣いて笑ってしまいました。。

 とにかく「あ〜〜〜終わった!」という感慨に耽っています。


 そして、多分、同様な気持ちでいるであろう全国の「ちりとて」ファンのみなさんのことを思いつつ、悲しいけれど、途方も無く幸福な気持ちに包まれています。

 悲しみと喜び。涙と笑顔。ほんとうに半年間、ありがとうございました。こんなに感動して、こんなに楽しみにしていたドラマは未だかつてありませんでした。

 ちりとてキャストのみなさんスタッフのみなさん本当にご苦労様でした。そしてありがとう。


 そしてそして、同様な気持ちをシェアできたであろう全国のちりとてファンのみなさんありがとう〜。


 このドラマの素晴らしさは、書き始めたらきりがない。
 でも、私は、このドラマが存在し得たのの理由のひとつには、キャスト、スタッフ含めたすべての制作者、ひとりひとりの、個人的な人としての想い、本音、本気、正直さが、きっちり表現し続けられたからこそだと思います。

 例えばNHKスタジオパークに、四草役の加藤虎之介さん登場した日の、脚本家の藤本さんの言葉に、抑えきれずにぽろぽろと涙した加藤さんの横顔、そしてそこに草原役の桂吉弥さん草々役の青木崇高さん小草若役の茂山宗彦さんらが登場したときのみなの笑顔と涙。
 それは、作り物なんかではなく、ほんとの気持ちが現れていた。

 例えば最終回の前日、3/28の朝8:15分からの放映が終わってNHKニュースに切り替わった時、かつて誰も言ったことのないであろうセリフ「明日の最終回もお楽しみに」と、森本アナウンサーが初めて言ったこと。
 思わず「おお〜〜!ナイスじゃん!」と叫んでしまった(多分、みんなもそうだったと思うけど、森本アナ、叱られてないかと心配にもなったけど)→まだ、見ていない方はこちらへ
 

 マスメディアでありながらも、ひとりの人から人へ、伝える「本物の言葉」があると思った。
 
 NHKにも、いろんな問題を抱えていたけど、もしかしたらすこし変わったのかも?と期待すらできる
「こころ」がある、「わたし」が居る、「あなた」を知る、そんな番組づくりが、やっと出来るようになったのか。

 そういう番組を作ろうとしている人々ひとりひとりの人生が、そこに出始めたような気がして嬉しかった。


 私も、そういう仕事をこれからもしていきたい。
 

 人の悪口を言うのではなく、人のせいにするのではなく、人を幸せにする仕事。


 仕事とはそういうものであるという信念を貫いて、喜びと悲しみをみなでシェアできる「寛容と慈悲のこころ」を忘れない、あたたかな人生を笑顔で歩みたい。
 

 そんなシンプルな人生への願いを、私にもう一度、確信させてくれた「ちりとてちん」。
 
 ほんとうにありがとう。


 このドラマをシェアできなかった方々へ。

 あなた方の人生は、今そういう場所にあるのだろうけど、もし、いつか、機会があったら、総集編や、DVDをご覧になったらいかがでしょうか。
 

 私は強制も、押し売りも、押しつけもしませんが、私は、このドラマをシェアできる感覚の人々と、生きて行きたいと思っています〜。


 それが、私の ちりとてちん。

追伸:総集編が<NHK総合>で、
   5月5日(月祝) 午前8時35分~10時13分(98分) 
     ○前編「笑う門(かど)には福井来(きた)る」
   5月6日(火祝) 午前8時35分~10時13分(98分)5月5日
     ○後編「笑う一門には福来(きた)る」
   として放送されますよ〜。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 08, 2007

「が〜まるちょば!」〜言葉を越えて、Still Motion& Sound of Silence

 みなさん、こんにちわ!

 はっと気づくともう11月。今日は8日。あと一ヶ月経つと何の日になるか知っていますか?
 そう、12月8日はジョン・レノンの命日なのだ。
(気が早いと思う貴方。。。そうですね〜、でもなんだかそれを思い出してしまったのでお許しください)
 思えば大学一年の秋の夕暮れ。大学のグラウンドを横切っていたら、後ろから基礎ゼミが一緒だった永久君から声をかけられた。
 「古田、ジョン・レノンが死んじゃったよ!」
 「え?」
 
 瞬間、すべてがスローモーションになった気がした。
 足下にのびる長い影だけがゆらゆらと揺れていた。

 周りからすべての音が消えた、モノクロームの詩情。
 そんな感覚が私を覆った。

 そして27年。
 実はこの日のことを、20年程前にエッセイとして書いたことがある。

 書く事で私の記憶は増幅する。言葉が文字として定着する。
 文字として定着した言葉は音を失っても、無限大の情報としていつだって蘇る。

 翌年、ジョン・レノンの撃たれたダコタハウスを、20歳を迎えたばかりの私はニューヨークに見に行った。
 バスの中から見たその景色もまた、私の記憶の中ではモノクロームのStill Motion。

 なのに今でもそれは生々しい。
 記憶の彼方で、サイレント・ムービーのように、サイレント・ヴォイスとなって響く。
 響いているのだ。残像が定着するのだ。
 まるで煙が煙として定着するみたいに。
 本当はあり得ないのに、そのゆらゆらしたものは何かを失ったからこそ、記憶はレアにずっと、ずっと鳴り響く。

 そんな体験は、実は、日常の中ではそうそうあるもんじゃない。

 と、私はずっと思って来た。しかも、それが笑顔とともにあるなんて、ちょっとあり得ない。
 切なさこそが、感覚を定着させる、そう。私はずっとそんなふうに思っていた。

 でもそんな私の感覚が大きく覆された出来事があったのです!!

 なんとそれは。。。。(ここで、もし、ドラマだったら、今までしんみりしていたBGMが一気にアップテンポに切り替わります!)「が〜まるちょば」というパントマイムユニットに出会ったことでした!


  「が〜まるちょば」は、長年一緒に仕事をしているソーホー・ジャパンの尾崎嬢が熱烈なファンで、それが次第に社長や、会社のスタッフ全員に浸透し、今や名古屋公演の興行まで手がけるようになったほど!

A4_mono2_color_ol そんな尾崎譲が、昨年、私を横浜でのライブに誘ってくれたのが私の「が〜まるちょば」初体験。
「が〜まるちょば(グルジア語で「こんにちは」の意味)」とは、ケッチ!とHIRO-PONの日本人男性2名のパントマイムユニットのこと。
 今まで静岡の大道芸ワールドカップをはじめ、各地の街角などでいろいろなパントマイムを見た事はあったものの、あれほどしっかりとしたステージパフォーマンスとしてのパントマイムを見たのは、生まれて初めての経験だった。

 それもそのはず。彼らは、日本最高峰の表現力を持ち、 徹底して創りこんだ舞台公演と、 ライブ感爆発の大道芸公演の2つを軸に、世界各国で幅広く活動し、パントマイムの表現力の限界と常識を超越したパフォーマンスで、 一言も発することなく世界中の観客を爆笑させ、感動の渦に巻き込むのだ。

 彼らの舞台には声がない。

  言葉、文化の壁を超えた彼らのパフォーマンスと高度なスキルが評価され、 1999年よりアジア、ヨーロッパ、オセアニアなど、これまでに 世界23ヶ国、150以上のフェスティバルに招待され、 世界最大級の演劇祭・エジンバラフェスティバルフリンジ(英)で 2004年に、ダブルアクトアワード受賞のほか、多くの賞に輝き、殺到する世界各国からの出演依頼により、現在も1年の約半分は 海外公演ツアーを敢行しているとか。
  日本国内においても、フェスティバルや劇場公演のほか、 イベントやTV、CM等でのパフォーマンスは、 年齢を問わず大好評を博している
という。

  私が昨年、体験した、「が〜まるちょば」の演目は、チャップリンの「街の灯」。
  ちょっぴり切なく、でも笑いの中で、ふと気づいた。

  サイレントだからこそ、彼らの姿や、彼らのメッセージが、こんなにこころに素直に響くんだなって。

  確かに彼らの肉体は、言葉や音に頼らない表現をする分、滅茶苦茶鍛えられている。でも、鍛えられているからだけでなく、声を禁じるからこそ、声を消しているからこそ伝えられる力がある。
 
 そしてそのコメディは、ヒューマニティ。まさにヒューモアなのだ。

  映画を見終わって残る余韻のような切なさの中で、ふっと笑顔でいられるのは、何かそこにある「欠落したものを補う想像力」を、見る側が喚起するスイッチのようなものを彼らがとても心地よく押してくれるからだと思う。

 だから、いつまでも、いつまでも忘れない。

 こんな体験、みなさんも如何ですか? 

 今なら名古屋公演のチケット、なんとか取れる様子です。

 素直にハッピーになれる「瞬間」という、とっても素敵な体験を、ぜひ一度、味わってみてください。


 ジョンのあの歌が、Sound of Silence としてずっと心に響くように、あなたの心にも小さなHolly of Silenceを、どうぞ。


2007tour_ura_mono_72dpi1
【が〜まるちょば サイレントコメディーJAPAN TOUR 名古屋公演概要】
★期日:2007年11月23日(祝・金)・24日(土)・25日(日)
★11/23(祝・金)…18:00開場、18:30開演
★11/24(土)…13:30開場、14:00開演/18:00開場、18:30開演
★11/25(日)…13:00開場、13:30開演/16:30開場、17:00開演
★会場:名古屋市 西文化小劇場(西図書館地下3F)
  〒451-0062 名古屋市西区花の木2-18-23  TEL(052)523-0080
★チケットのお問い合わせはこちら
★チケット:前売 ¥3,800(当日 ¥4,000)全席指定
★チケットぴあ・Pコード379-813
 ※非常に残念ですが、小学生未満の未就学のお子さまには、ご入場いただけません。あらかじめご理解下さい。(小学生以上可)

●名古屋公演の案内/名古屋公演公式サイトはこちら

●YOU TUBE 「Street Performance World Championship 2007」

●雑誌ソトコトの環境クリーンキャンペーンの映像

●海外用プロモーション映像

| | Comments (4) | TrackBack (1)

October 18, 2007

六本木CROSSINGから観る空は。

Page_title

 岐阜フラッグアート展で審査員としてお世話になっているアーティストの関口敦仁さんから案内状をいただき、六本木ヒルズにある森美術館で開催中の「六本木CROSSING2007」を観に行って来た。
(関口さん〜、内覧会には間に合わなかったのですが、、その翌日、行ってきましたよ!ありがとうございます!!)

案内チラシには、、、

「多様な日本のアーティストを紹介する「六本木クロッシング」(中略)。第2回目となる本展では、特に「交差(クロッシング)」の意味に注目し、4人のキュレーターによる活発な議論を通して、枠に収まりきらないエネルギーと影響力をもつ、今見せるべきアーティスト36組を厳選しました。
  作家それぞれの表現形態は絵画、彫刻、写真、デザイン、映像、演劇、マンガ、ゲーム、人形、ペンキ絵などさまざまです。(中略) 「六本木クロッシング2007」では、アーティスト一人ひとりの独創的な表現と、時代の交差に目を向けながら、時や分野を超えて息づく日本の創造性とその傾向を考察し、過去、現在、そしてその先の未来へと脈動する日本のアートの可能性を探ります。」

 と、綴られている。。。日本のアートの可能性。。。。
 私が毎日毎日考えていることだ。

 そしてその答えはここにあったのか?

 関口さんの絵画では、もうひとつの「金華山」を発見できた。そして、絵画のリズムに耳を澄ました。

 冨谷悦子さんのエッジングには、目と手と脳と心のつながる感覚を味わった。

 う〜〜ん、でも。
 美術館の中で、いろんな「作品」として、並び、守られ、観られている作品たちは、
明らかにその時点で、刻々と進み行く「現代のアート」でなくなりつつある、と、私は思う。

 「現代のアート」、現代アートの可能性は、「箱庭」では生まれないのだ。
 
 私が心動くアート、私が感じる「現代アートの可能性」は、
 例えばこんな、空の彼方や、地上のちまたで粛々と進み行く。

071014_1611_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2007

「透かし和紙アート展」を開催します!

Chirai1

みなさん〜、ご無沙汰しています。
 すっかり秋の気配を感じる日々ですね〜。
  
 ところで、この秋、私は四国と岐阜で2つのアートの企画展を行います。
 ほぼ同時期開催になってしまったので、相当大変だったのですが〜、でも、
どちらも自分にとって大切なものだったので、思い切って行う事にしました。
 
 そして、随分前から、丁寧に、丁寧にみんなの力をお借りして準備してきました!

 そのひとつ、まずは岐阜で開催される和紙の企画展を今日はお知らせします。
ぜひ、よろしければ足を運んでください。

尊敬する松岡正剛さんから教えていただいた
土佐光起の言葉「白紙も模様のうちなれば心にてふさぐべし」をテーマにしています。
実はこの言葉は、私の表現の大切なテーマでもあります。

「透かし和紙アート展〜美濃漉かし和紙の可能性」開催のお知らせ

地域の文化振興拠点として十六銀行が開館した「てつめいギャラリー」(旧十六銀行徹明支店)において、9月15日(土)より10月8日(月・祝)まで、開館記念第2弾企画「透かし和紙アート展〜美濃手漉き和紙の可能性〜」を企画、開催することとなりました。

 この展示会は、十六銀行創立130年記念事業の一環として開催するのもので、アートによる岐阜のまちづくりとして定着したフラッグアートと、岐阜県の伝統産業である美濃手漉き和紙とを組み合わせた、新たな和紙アートとしての「透かし和紙(フラッグ)アート展」となっています。

 透かし和紙アートの技法には、まさに長良川水系の賜物として、1300年をほこる美濃手漉き和紙の伝統技法と先端技術が組み合わさって出来た世界唯一の表現手法が使用されます。

 二十数年前、大学生の頃よりイサム・ノグチ「Akari」に魅了され、2002年からは本格的に美濃手漉き和紙の仕事に関わってきましたが、そのプロセスにおいてのひと区切りとでも言うべき企画展になっていると思います。

 伝統とモダンなアートの組み合わせを岐阜ミーム(文化遺伝子)を媒介に、日本人としての本来の心に分かりやすく伝えようとするこの試みは、地域の産業、文化、そして持続可能なまちづくりへの「未来への指針」を予感させる企画展になるとも考えていますので、どうか皆様、お時間ありましたらぜひご覧ください。
 
 *9月14日(金)には、当企画展の参加アーティストや美濃手漉き和紙職人、ディレクターなどが参加する内覧会も行いますので是非ともご来場くださいますようご案内申し上げます。

 *10月頭からは、本年で11年目を迎える「岐阜フラッグアート展」(昨年、ふるさとイベント大賞を受賞しました!)も同エリアにて、開催されておりますし、昨年よりアーティスト日比野克彦さんと共にはじめた「こよみのよぶね」のワークショップも開催しています!

■ 開催日時:9月15日(土)〜10月8日(日)10時半〜17時まで
*関係者内覧会:9/14(金)14時〜16時半  
■ 場所:てつめいギャラリー (十六銀行旧徹明支店) 岐阜市徹明通1−3 
            Tel 058-262-0116
■ 入場料:無料
■主催・企画:古田菜穂子(furuta & associates)
■後援:十六銀行
■ 制作協力:日本イベント企画(株)
■ 協力:家田紙工(株)・上田邦介(絵具屋三吉/ウエマツ)・EDIX・ぎふフラッグアート展実行委員会・キューブクリエイション・(株)ソーホージャパン・保木工房・美濃あかりアート展実行委員会・美濃和紙ネットワーク21
■ビジュアルデザイン:小寺克彦

■内覧会のご案内
  日時:平成19年9月14日(金) 午後2時から午後4時30分
  招待作家をはじめ、手漉き和紙職人、関係者が会場に集合いたします。

<企画概要>

メイン会場:2人の作家×美濃手漉き和紙職人による透かし和紙フラッグ展

 第4回フラッグアート展(2000年)の最優秀賞受賞作家であるテキスタイルデザイナーの宇津木哲子氏、グラフィックデザイナーであり、タイポグラフィスト、そして装丁家としても日本を代表する羽良多平吉氏の2名をゲスト作家として、ギフ・ミーム(岐阜の文化産業遺伝子)と、<白紙も模様のうちなれば心にてふさぐべし>をテーマに、透かし和紙デザインの制作を御願いし、美濃の手漉き和紙職人保木成敏氏が漉いた透かし和紙を使用して、前代未聞の大型透かし美濃和紙フラッグを展示します。

<作家プロフィール>
宇津木哲子: AKIKO UTSUKI(テキスタイル・デザイナー

 京都生まれ。
 京都芸術短期大学ビジュアルデザイン科卒業。デザインスペース”風”にて井上捷之氏に師事。テキスタイルデザイン(寝装・インテリア関係の図案)を学んだあとフリーとして活躍。現在は東京にて、布を使用したナチュラルなオリジナル作品づくりを中心に活動している。 今回、はじめて手漉き和紙を使用した作品づくりへの挑戦となる。JapanTex出展、個展多数。
 第4回岐阜フラッグアート展2000でグランプリ(最優秀日比野克彦賞)受賞。

羽良多平吉:Heiquiti HARATA (エディトリアル&グラフィック・デザイナー)

 東京生まれ。
 東京芸術大学美術学部工芸科ヴィジュアル・デザイン専攻卒業。 '70年代初め、タウン誌「新宿プレイマップ」の仕事をきっかけに、以降、エディトリアル・デザインを中心に多くの書容設計の仕事を通して若い読者層の支持を得る。'95年以降Macintosh DTPに新境地を開拓し、現在もデジタル・グラフィクスの第一人者として影響を与え続ける。
  2003年より、美濃手漉き和紙に独自の緻密なタイポグラフィを透き込んだ和紙あかりなどの制作を岐阜市の家田紙工(株)と開始し、透かし模様の飛躍的な技術向上にも寄与。90年イナガキ・タルホ著『一千一秒物語』(透土社)で講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞ほか受賞多数。女子美術短期大学造形学科講師。

■ 透かし和紙制作:+家田紙工+保木成敏(保木工房)

■ 掛け軸(羽良多平吉作品)表装:小谷野順子


第2ブース: 美濃和紙グッズ+透かし和紙あかり展

 今回制作された美濃手漉き和紙を利用し、オリジナルな手漉き和紙あかりを制作しました。
 アートがプロダクトになること、すなわち岐阜の伝統文化産業のあり方への提案のひとつとしてご覧ください。また美濃の若手手漉き職人グループ「美濃和紙ネットワーク21」の協力を得て、美濃の若手職人が制作した手漉き和紙でグッズや、県内企業が制作した各種美濃手漉き和紙製品、その他、美濃あかりアート展実行委員会の協力を得、過去の「美濃あかりアート展」入選作品から3点の個性的な作品を展示しています。

++てつめいギャラリー++
十六銀行 旧徹明支店 (岐阜市徹明通1丁目3番地)
施設概要:旧徹明支店の建物は昭和12年6月に岐阜貯蓄銀行本店として建造。
 (昭和18年12月合併により当行徹明支店となる。平成17年10月に廃店)
                岐阜市都市景観重要建築物
Ura

| | Comments (1) | TrackBack (1)