耳鳴り

December 30, 2012

Lilyさんへ:耳鳴り、さらにその後のお話

先日、Lilyさんから久しぶりに耳鳴りについてのコメントをいただきました。

私が耳鳴りとつきあい始めてもうかれこれ6年。。。
驚きですcoldsweats02、自分でも今、6年という数字を書いて、
そんなに経ったんだぁと思っています。

6年前、「こよみのよぶね」というイベントの後片付けの際、あまりの忙しさの中、

弱っていた身体が、拾ってしまったウィルス菌。。。

今は、なんと両耳がなっています。キンキン。。。

こうやって耳を澄ますと、あ〜〜、今日もなってるなぁ、、という感じですが
段々慣れて来ました。

でも、やっぱり疲れていると酷くなりますね。
あとどうしても海外出張などで飛行機にのると
そのあとはひどいですね。。。

だけど、まあ、これが体調のバロメーターでもあり、
いろいろなサインだと思って、キンキンがひどいときは
「あ、無理しないようにしよう」と思うようにして、
日常は、できるだけ気にしないようにしていますhappy01

私は今も顎関節の治療もしていますし、実は、11月に(仕事の無理が祟って)ひどいぎっくり腰になってしまい、実に久しぶりに約2週間、仕事を休みましたhospital

その間、鍼灸治療にも通うようになり、鍼の先生から、
耳鳴りも鍼で多少、軽減するかもしれないといわれ、
密かな期待を胸に、時々、いわゆる「養生鍼」や、リラックスするための「お灸」も
やってもらっています。

耳鳴りは、辛いけど、実は、ぎっくり腰は、もっと辛かったです。
でも耳鳴りと違って、時間の経過とともに治って行く、、というのが、救いでしたが。

中耳炎で掻爬したときも、痛くてしばらく起き上がれなかったけれど、
でも、ぎっくり腰は、本当に立つ事も、歩くこともできなくなってしまったのです。
だからLilyさん、腰にも注意してくださいね!

私たちは、いろんな持病とつきあいながらの人生だけど、
でも、楽しんで、まだまだわくわくする仕事をしたいと思っています。

Lilyさんも、子育て、まだまだ真っ最中ですよね。
異国の地で、大変だと思いますが、私の心の支えは、世界のいろいろな場所で
いろんな事情を抱えながらも、明るく楽しく頑張っている<彼女たち>の存在です。

顔も知らないLilyさんですが、私にとってはLilyさんも、そんな<彼女たち>
一人ですheart04

気持ちは必ず通じますよね。

時々、朝、本当にゆっくり出来た時、音がうん〜んと小さいときがあります。
するとすごく幸せな気持ちになります。
幸せな気持ちって、本当に良いですよねshine。。

私も来年は、仕事を少しセーブして、
もう一度、しっかり自分の体調管理に向き合いたいと思っています。

Lilyさん、私たち、離れているけど、でも、お互い、人には分かりづらい
苦しみを理解し合える者同士、
励まし合って、あかるくいこうnotes

本人にしかその辛さは分からない耳鳴り。
でも、命を取られるわけではない耳鳴り。
それは、もしかしたら
私たちに、いつも「無理しちゃだめだよ!それ以上、頑張ると命に関わるよ」って
教えてくれる貴重な存在なのかもしれません。。

うまくつきあって、忘られるくらいになると良いですね。
それくらい楽しい事を、みつけようshine

spaお風呂に入ったら、耳の後ろのマッサージ、首や鎖骨あたりのリンパ含めて
ゆっくりマッサージして、リンパの流れをできるだけ良くしましょうhappy01

来年も宜しくお願いします〜chick

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2011

耳鳴り、その後のお話(Lilyさんへ)

Lilyさん

メールをありがとうございました!

もうひとつのメールも拝見しました。
はい。私の耳鳴りはまだまだ毎日、キーンとなり続けています。
私の場合、難聴はそんなにひどくないのですが、耳鳴りはやはりおさまりませんね。

でも、前の返信にも書きましたが、ずいぶん慣れて来て、
今は「うまくつきあっていこう」という感じです。
その意味で、前にも書きましたが、
私にとってはホメオパシーや、リンパマッサージなどが結構有効だったように思います。
あと、 ヨガなども良いですね。

ちなみに最近、実は、ずっと顎関節症の治療をしながら
(じつはこれも結構、大変だったのです。顎関節症は右側、耳鳴りは左側。。とほほ、ですよね!)、歯の治療もしていたのですが、
その先生(名医です!!)が、
耳鳴りのする顎間接付近には、とてもたくさんの神経があって顎関節の円盤の噛み合わせ具合が悪いと神経を圧迫し、それがキーンという音になっていることもあるとおっしゃっていました。

そして顎関節の調子がよくなると耳鳴りも収まってくるまもしれませんよ、と言ってくださって、
もしそうなったらラッキー!ぐらいの感覚で
今、もう半年以上になりますが、顎関節症の治療にも取り組んでいます。。

もし、Lilyさんにも顎の調子もあまり良くない(噛み合わせが悪いとか、顎がガクガクするなど、、)
という症状があるようでしたら、
もしかしたら、そんなことも解決手段のひとつになるかもしれません。。

そんなわけなので、Lily さんもあきらめず、
でも、できるだけあまり気にかけないようにしてください。

私の耳は気圧の変化に弱いので、飛行機に乗る時はぜったい耳栓をします。
(海外出張も多いので、いつも大変ですけど、、でも、離着陸時には耳栓をして
アメなどをなめるようにしています)

Lily さんも、子育て、お仕事、と大変だとは思いますが、
できるだけリラックスできる時間なども
確保しながら、上手に耳鳴りと付き合って行ってくださいね。

私たち「耳鳴り」チーム(?)メイトこそ、
互いのつらさをたくさん共有しあいましょう!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 29, 2007

笑顔の自分を大事にしよう!

 
 本日、お二人の方から、私のブログに対してコメントをいただきました。
 ありがとうございます〜。
 せっかくなので、ここでお返事をしたいと思います。


●濱人さんへ


 コメント、ありがとうございます。私も今回の「ちりとてちん」が一番!だと思っています。

 こころ救われるって良いですよね。

 救われる想いって何かなって考えてみたら、微笑んでいられる自分が「ここに居る」「確かに生きてる」と感じられることだと思います。
 
 自分の人生です。笑顔でいられるような時間を、できるだけ選択できるようにしたいですね〜。
 つい、へこむ事のおおい人生だけど、頑張りましょう!

「ちりとてちん」を見ていて、笑っちゃうとき、ほろりとする時、私も、あなたも、日本の誰かも、多分同じように笑ったり、泣いたりしてているかと思うと、ちょっと楽しいですよね!


●ゆきさんへ


 私の耳鳴りがはじまったのは、今年の1月です。1月5日に急性中耳炎になって、滅茶苦茶耳が痛くなって、24時間海中にいるような状態になり、その後、海中状態が抜けたと思ったら、耳鳴りが始まり、、そして、10月も終わりの今まで一日も鳴っていない日はありません。。。

 でもね、
 随分、良くなった気がします。単に慣れただけかもしれないけど。

 確実に良くなりますから、ぜったいに良くなりますから、だって私も一時は気が狂うんじゃないかって思ったけど、
こうして生きてるし。

 世間からは、病気としては軽んじがられやすい「耳鳴り」だけど、本当につらい、ということどんどん世間に言っていきましょう。そうすれば、きっと、もっと、よりよい治療法が見つかるはずです!

 でも、ゆきさんは、諦めないでくださいね。きっと治ります。軽減します。

 私は初期治療に失敗した(はっきりいって、かかった医者が悪かった。。。)けど、ゆきさんは、まだ間に合います。大きな病院に行って、信頼できる鍼治療や、マッサージなど、そして何より、呼吸をゆっくりして、首、肩、リンパの流れを良くしてくださいね。耳の付近の軽いマッサージも有効ですよ!(私も諦めてませんよ〜!)

 つらい時は、いつでも「つらいよ〜!」とブログに書き込んでくださいね!!!

 そうだ!そんな時は、よかったら「ちりとてちん」、見てください。

 笑顔でいられる時、ふと、耳鳴りを忘れていたりしますから。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 26, 2007

最近の耳鳴り状況

最近の耳鳴り状況のお知らせです〜。

夏以降、少しだけ耳鳴りの音が鎮まってきていた。
特に、あるヒーリングが出来る方に、耳、首をヒーリングしていただいたら、
本当に、随分良くなったからびっくり!


今、継続的に飲んでいる薬は、ツムラの漢方薬の「加味逍遥散」のみ。


あとは、できるだけ、耳後ろ、首、鎖骨のあたり、肩のマッサージ。
そして呼吸法だね。ゆっくりとしたヨーガも効果的な気がする。


でも、鳴ってるのは、やっぱり鳴ってるんだ。
特に姿勢の悪かった日、仕事でめちゃくちゃ疲れた日、
長く電車(新幹線などの速いもの)に乗った日などのあとや、うるさい場所にいたあとはキーンと鳴っている。


ただ、以前に比べて音が小さくなっている。
それは明らか。


すべてすっきり、というまでには行かないけれど、
こうして少しでも楽になればよいなぁと思っている。


要するにストレスが良くない、、と思う。


ただし、寒くなってきた最近は、少々、また音か気になるようになってきた。
今も鳴ってるよ〜。
でも、もうちょっとこのまま頑張ってみよう、とも思う。


全国の、耳鳴りで悩むみなさん、
耳鳴りは、良くなったり、悪くなったりの繰り返しだけど、
でも、必ず、良くなる事もあるから、諦めないでくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2007

(愛じゃなくって)耳鳴りが止まらない。

P1010031

耳鳴りが止まらない。
今年の1月5日に急性中耳炎になって以来、かれこれ半年。
後遺症として残ってしまった私の耳鳴りは、近場の町医者から大学病院に変わっても、結局、一進一退の繰り返しで、今も左耳の奥の方で、「シュー」という高音が鳴り続けている。


でも、耳の病気になって以来、このブログに同じ悩みを持つ方からコメントをいただいたり、仕事先で「私も耳の病気を抱えているんです!」という人に出会い、互いに「耳の病気は人に理解してもらいづらいからね〜」と、慰め合うなど、新たな展開(?)や発見もあるようになってきた。


実際、耳の疾病は外側から見えづらいし、症状も、なったことのない人には「ほとんどその症状が想像できない」病気だ。


私は、自分がかかっていた大学病院の先生に、「先生はこの症状を経験したことがあるのか?」といつか尋ねたいと思う程、先生から、耳の症状をいたわる共感の言葉を聞いた事がない。


要するに、「命に関わる病気ではないし」ということで、症状の日常的な辛さに比べ、とっても「軽んじられている」病気なのだ。


でも、この症状、なった人ならみな、そうだと思うけど、結構「しんどい」。


この病気を抱えている人はみな、目に見えないストレスとともに日々を過ごしている事なんて、まわりの人には忘れられがちだし、若干の難聴もあるから、会話の中でつい「え?何ですか?」と尋ねがちになる。そうするといきなり「???」という表情をされたり、あげくの果ては「何度も同じ事を言わせるな!」と怒る人もいる始末。


みなさん!私たち、耳鳴り症候群患者は、一見、普段は平気そうでも内心はとっても苦しんでいるという事、ほんのちょっとでも良いから分かってください〜。


そんな私は、現在、漢方薬を飲みながら、鍼治療とマッサージ(整体、足裏)などで対処している。
以前このブログでも書いたように、漢方の処方も鍼もマッサージも、良い治療院や治療者と巡り会う事が出来、一進一退の中、いつか、すっきりする日々が来ると良いなと願いながら、毎朝、目覚める。


そして、「あ、今日は比較的、音か静かで平穏な日々でしょう…」とか、「今日は朝からうるさいな〜。午後から荒れ模様の気配…」などと、天気予報みたいに自分に向かって耳を澄ますのだ。


この症状とのつきあいも半年近くにもなれば、辛さをやり過ごすコツのようなものも若干は身につけてきたものの、でも、私は、日本中、いや、世界中の耳鼻咽喉科の専門医に言いたい!


「耳鳴りを治すための研究を、諦めずにしてください!」

だって、かなり辛いんですよ。
それを分かってほしいのです。


そして、決して「もう治らない」とか、「最悪のところに辿り着きましたね」なんて患者に向かって言わないようにして下さい!(実際、私を見てくれた岐阜市の町医者の某女医さんは、私にはっきりそう言った。その時の私のショックは、先生には決して分からないと思うよ〜)


私は、耳鳴りの治癒には、西洋医学だけでは難しいと直感している。
これこそ西洋と東洋医学を組み合わせ、本気でトライすべき課題だと思う。
East meets West....
そのきっかけになる、重要な案件だと思うのだ。


そのことに気づけただけでも、この病気になった甲斐があると自分に言い聞かせ、今日も耳鳴りとともに暮らすのであった。。。

追伸:全国の耳鳴りに悩むみなさん!耳鳴りの大敵は第一に、「肩、背中、首のコリ」です。あと勿論「ストレス!」。そして、どうも水分代謝もキーワードのよう。。。私は、耳鳴り日記をつけています。いろんな症状をきっちり分析して、少しでも悩みや苦しみから心が解放されるよう、みんなで協力しあいましょうね!

では〜。また。

| | Comments (8) | TrackBack (1)